※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法・制御系スキルについて


-...
《制御系スキル》
 ┃
 ┃
 ┣《メディテーション》(瞑想)(増強&制御&信仰系)〔前提スキル:無し 上限Lv:1 最大Lv:1〕
 ┃  ┗┓ ・短時間の休息でMPを回復する技術。
 ┃   ┃
 ┃   ┃
 ┃   ┣《スピリチュアルキャスティング》(精神詠唱)〔前提スキル:無し 上限Lv:(制御系÷5)+1 最大Lv:3〕
 ┃   ┃  ・心の中でトゥルーワードをイメージして呪文を組み立てることで、超能力者呪文の詠唱や動作を簡略化してその力を発揮する技術。
 ┃   ┃
 ┃  ┏┛
 ┣《クリアマインド》(頭脳明晰)(増強&制御系)〔前提スキル:無し 上限Lv:1 最大Lv:1〕
 ┃  ┗┓ ・澄み切って冴え渡った精神が、魔術師・錬金術師・超能力者呪文のMP回復量を増大させる。
 ┃   ┃
 ┃   ┃
 ┃   ┣《セルフコントロール》(自制心)〔前提スキル:《クリアマインド》《アブストラクション》 上限Lv:1 最大Lv:1〕
 ┃   ┃  ・冷静沈着な意思と精神を制御する技術により、IRに+4のボーナス。
 ┃   ┃   精神系BSの回復チェックに+4のボーナス。
 ┃   ┃
 ┃  ┏┛
 ┣《アブストラクション》(精神集中)〔前提スキル:無し 上限Lv:(制御系÷5)+1 最大Lv:2〕
 ┃  ┗┓ ・戦闘時の緊張状態で高まった精神を集中させることにより、次のラウンドの呪文詠唱の効果を高める技術。
 ┃   ┃  精神集中を行った1ラウンドにつき、CLにスキルLv×4、クリティカル率にスキル×2のボーナスを得る。
 ┃   ┃
 ┃   ┃
 ┃   ┣《セーフティキャスティング》(安定詠唱)〔前提スキル:《アブストラクション》《リチュアルマジック》 上限Lv:(制御系÷5)+1 最大Lv:3〕
 ┃   ┃  ┃ ・呪文を巧く制御して、暴走する確率を抑える技術。
 ┃   ┃  ┃  呪文詠唱の際にファンブルのダイス目が出た場合、1シナリオ中にスキルLv回数まで振りなおすことができる。
 ┃   ┃  ┃
 ┃   ┃  ┃
 ┃   ┃  ┗《モービルキャスティング》(移動詠唱)〔前提スキル:《セーフティキャスティング》 上限Lv:(制御系÷5) 最大Lv:1〕
 ┃   ┃     ┃ ・極めて安定した精神集中と呪文詠唱により、移動などを行いつつ呪文を唱えることを可能とする技術。
 ┃   ┃     ┃  〔メインアクション〕+〔パッシブアクション〕で呪文詠唱が可能となる。
 ┃   ┃     ┃
 ┃   ┃     ┃
 ┃   ┃     ┗《バトルキャスティング》(戦闘詠唱)〔前提スキル:《モービルキャスティング》 上限Lv:(制御系÷8) 最大Lv:1〕
 ┃   ┃         ・乱戦の中でも自らの身を守りつつ、隙のない呪文詠唱を行う高度な技術。
 ┃   ┃          〔メインアクション〕のみで呪文詠唱が可能となる。
 ┃   ┃
 ┃  ┏┛
 ┣《リチュアルマジック》(儀式魔法)〔前提スキル:無し 上限Lv:1 最大Lv:1〕
 ┃  ┗┓ ・落ち着いた状況下において、時間をかけて呪文を唱えることにより失敗なく呪文の力を発動させる技術。
 ┃   ┃  非戦闘時に限り呪文詠唱に3ラウンドを用いることにより、詠唱判定の必要なく呪文を通常効果で発動させることができる。
 ┃   ┃  
 ┃   ┃ 
 ┃   ┣《エンチャント》(魔力付与)〔前提スキル:《リチュアルマジック》《マテリアルマジック》 上限Lv:(制御系÷5)+1 最大Lv:2〕
 ┃   ┃  ┃ ・物品に魔力を付与して薬・スクロールなどの消費マジックアイテムを作成する技術。
 ┃   ┃  ┃  転じて、マジックアイテムを上手く使いこなす技術としても活用できる。
 ┃   ┃  ┃
 ┃   ┃  ┃
 ┃   ┃  ┗《パーマネンス》(永続化)〔前提スキル:《エンチャント》 上限Lv:(制御系÷8)+1 最大Lv:2〕
 ┃   ┃      ・物品に魔力を付与して、不変的な魔力を持つマジックアイテムを作成する技術。
 ┃   ┃       転じて、マジックアイテムを上手く使いこなす技術としても活用できる。
 ┃   ┃
 ┃  ┏┛
 ┣《マテリアルマジック》(触媒魔法)〔前提スキル:無し 上限Lv:(制御系÷2)+1 最大Lv:3〕
 ┃  ┃ ・魔法の触媒を用いて、呪文の効果を高める技術。
 ┃  ┃
 ┃  ┃
 ┃  ┗《マジックソード》(魔法剣)〔前提スキル:《マテリアルマジック》 上限Lv:(制御系÷5)+1 最大Lv:3〕
 ┃    ・魔法剣とはマジックナイトによって確立された戦闘技術で、秘術を用いて、武器に一時的な魔力の刃を付与するものである。
 ┃  
 ┃ 
 ┣《スペルイクステンション》(呪文延長)〔前提スキル:無し 上限Lv:(制御系÷2)+1 最大Lv:4〕
 ┃  ┃ ・呪文の持続時間や射程距離を延長する技術。
 ┃  ┃
 ┃  ┃
 ┃  ┣《エリアコントロール》(範囲制御)〔前提スキル:《スペルイクステンション》 上限Lv:(制御系÷5)+1 最大Lv:3〕
 ┃  ┃  ┃ ・範囲呪文を用いる際に乱戦中の味方を避けて、敵のみを攻撃する技術。
 ┃  ┃  ┃  呪文の範囲に含まれている対象のうち、(スキルLv)×2体までの任意の目標を避けて呪文を発動させることができる。
 ┃  ┃  ┃
 ┃  ┃  ┃
 ┃  ┃  ┗《スペルエンラージ》(呪文拡大)〔前提スキル:《エリアコントロール》 上限Lv:(制御系÷4) 最大Lv:5〕
 ┃  ┃    ・呪文の効果範囲を拡大する技術。
 ┃  ┃     呪文の効果範囲が「m」で表記されている呪文に限り、「(スキルLv)×2m」以下の任意の値で効果範囲を広げることができる。
 ┃  ┃
 ┃  ┃
 ┃  ┗《アディショナルエフェクト》(付加効果)〔前提スキル:《スペルイクステンション》 上限Lv:(制御系÷10) 最大Lv:2〕
 ┃     ・余分にMPを消費することにより、呪文に付加効果を発生させる。
 ┃      該当する呪文のMPを3点消費することにより(消費MP+2)、呪文データに記載されている付加効果を任意で発生させることができる。
 ┃
 ┃
 ┗《ファストチャント》(高速詠唱)〔前提スキル:無し 上限Lv:(制御系÷2)+1 最大Lv:3〕
    ┗┓ ・高レベル呪文を淀みなく素早く詠唱する技術。
     ┃  呪文を唱える際のイニシアチブペナルティ(呪文Lv1につき、INIに-1のペナルティを受ける)をスキルLv×2だけ緩和。
     ┃
     ┃
     ┣《カウンタースペル》(対抗呪文)〔前提スキル:《ファストチャント》戦術系《タイムリーアクション》 上限Lv:(制御系÷8) 最大Lv:2〕
     ┃  ・敵の攻撃に対抗する属性の呪文をぶつけることにより、その効果を相殺、減少させる技術。  
     ┃
    ┏┛
  戦術系《タイムリーアクション》    






<めもめも>
  • 《マジックソード》は射程距離に《スペルイクステンション》Lvを追加。基本はダメージ魔法剣メインの用法で。