※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一般・交渉系スキルについて

 ・交渉系スキルとは、NPC相手にうまく交渉を進めるための様々な技能である。


《交渉系スキル》
 ┃ 
 ┃ 
 ┣《チャーム(魅力)》〔前提スキル:無し 上限Lv:5 最大Lv:5〕
 ┃ ・相手の印象を良くする魅力の高さ。
 ┃  NPCの反応修正に+スキルLvのボーナスを得る。
 ┃
 ┃
 ┣《オラトリー(雄弁)》〔前提スキル:無し 上限Lv:3 最大Lv:3〕
 ┃ ・人の心を動かす力強く巧みな話術。
 ┃  10分以上の会話が継続できれば、スキル1Lvにつき、NPCの反応修正に+2のボーナスを得る。
 ┃
 ┃
 ┣《セックスアピール(性的魅力)》〔前提スキル:無し 上限Lv:3 最大Lv:3〕
 ┃ ・異性に対する魅惑能力。
 ┃  スキル1Lvにつき、異性のNPCの反応修正に+2のボーナスを得る。
 ┃
 ┃
 ┣《ディプロマシー(外交)》〔前提スキル:無し 上限Lv:3 最大Lv:3〕
 ┃ ・社交的な雰囲気の中での駆け引きを重視した交渉術。
 ┃  IQ判定。
 ┃ 
 ┃
 ┣《ネゴシエーション(折衝)》〔前提スキル:無し 上限Lv:3 最大Lv:3〕
 ┃ ・戦闘時など緊張した状態で折り合いをつけるための交渉術。
 ┃  PER判定。
 ┃
 ┃
 ┣《パースエイジョン(説得)》〔前提スキル:無し 上限Lv:3 最大Lv:3〕
 ┃ ・信念をもって真摯に説得を行う交渉術。
 ┃  PR判定。
 ┃
 ┃
 ┣《プリーチ(説教)》〔前提スキル:無し 上限Lv:3 最大Lv:3〕
 ┃ ・経典や教義をわかり易く説き、人々を教え導く話術。
 ┃  PR判定。
 ┃
 ┃
 ┣《ディベート(討論)》〔前提スキル:無し 上限Lv:3 最大Lv:3〕
 ┃ ・論理的に相手を打ち負かそうとする話術。
 ┃  IQ判定。
 ┃
 ┃
 ┣《アクティング(演技)》〔前提スキル:無し 上限Lv:3 最大Lv:3〕
 ┃ ・嘘の設定を演じきって相手をある程度の期間に渡って騙す技術。
 ┃  《ディスガイズ(変装)》にボーナス。
 ┃  PER判定。
 ┃
 ┃
 ┣《ファストトーク(言いくるめ)》〔前提スキル:無し 上限Lv:3 最大Lv:3〕
 ┃ ・咄嗟にその場限りの嘘をついて相手を言いくるめて騙す技術。
 ┃  DEX判定。
 ┃
 ┃
 ┣《インティミデーション(脅迫)》〔前提スキル:無し 上限Lv:3 最大Lv:3〕  
 ┃ ・威嚇や脅しを主体とした交渉術。
 ┃  肉体的な威嚇や脅しならばSTA判定。
 ┃  精神的な脅迫ならばPER判定。
 ┃
 ┃
 ┣《インタロゲーション(尋問)》〔前提スキル:無し 上限Lv:3 最大Lv:3〕
 ┃ ・相手を尋問する技術。
 ┃  完全に優位な状態であれば、スキル1Lvにつき、各種交渉に対する相手のRESに-2のペナルティを与える。
 ┃
 ┃
 ┣《ブラフ(はったり)》〔前提スキル:無し 上限Lv:3 最大Lv:3〕
 ┃ ・大きな嘘を駆け引きの材料に用いて、有利な展開へと進める技術。
 ┃  「嘘」を駆け引きの材料に用いて、状況を変化させることができる。・・・交渉ルール詳細版で(;´ρ`)
 ┃  DEX判定。
 ┃
 ┃
 ┗《パブリックスピーキング(演説)》〔前提スキル:無し 上限Lv:3 最大Lv:3〕
   ・街頭などで多数の人間を集めて行う会話術。



<めもめも>
 ・交渉系スキルは、セッション中に使えるスキルということで、階層わけをせずにシンプルにスキルLvのみとする。
 ・交渉ルールはおおまかに2パターン。
  ・1つは、モブNPCとの交渉。実際にRPや台詞を介せずに、判定のみで結果が決まる。
   ・モブNPC相手でも、簡単な台詞や交渉の方針があれば、ボーナス修正ありで。
  ・もう1つは、重要NPCとの交渉。実際にRPや台詞を用いての交渉シーンで結果が決まる。
   ・この際、各種交渉スキルの判定に成功すると、交渉を有利に進めるための情報やキーワードが得られたり、
    NPCの反応段階が良くなったりする。判定だけでは結果がでずに、あくまでもRP重視なところに注意。