※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


重量と移動

 ・キャラクターが重さによるペナルティを受けることなく行動できる上限の重さを、「最大重量」とする。
 ・「最大重量」=「最大装備重量」(戦闘中にすぐ使える装備品の重量)+「最大所持重量」(運搬している所持品の重量)。
 ・「最大装備重量」=「最大所持重量」=STA[持続力]。



最大装備重量

 ・キャラクターが装備している道具の重さを合計した重量が、「装備重量」である。
 ・ペナルティを受けずに行動できる上限の装備の重量=「最大装備重量」=STA[持続力]
 ・装備している武器や防具は、さまざまな能力ボーナスを与えてくれる。
 ・装備している道具は、即座に使用可能である。
 ・装備している収納具に収納されている道具も、即座に使用可能である。

<関連スキル>:まだ本スキルのデータは対応してませんが、重量に関わる予定のものです。
 ・《スタミナ(持続力)》(防御系)は、STAを+4して、最大装備重量を増加してくれる。
 ・《ヘビィアームド(重武装)》(剛力&防御系)は、装備している「防具」の重量を1Lvにつき25%軽減できる。
 ・《アームズロア(武具知識)》(学術系・・・戦闘でとってもよさそ、もしくは技術か?)は、装備している「防具」の重量を1Lvにつき10%軽減できる。 
 ・《2Hスタイル(両手武器)》(剛力系)は、装備している両手武器の重量を50%軽減できる。



最大所持重量

 ・キャラクターが所持している道具のうち、即座に戦闘で使わない運搬しているだけの物の重量を合計した数値が「所持重量」である。
 ・ペナルティを受けずに行動できる上限の所持品の重量=「最大所持重量」=STA[持続力]
 ・所持している武器や防具からは、基本的に一切のボーナスを得られない。
 ・所持している道具は、戦闘中に使うために1ラウンドの準備期間を必要とする。

<関連スキル>:まだ本スキルのデータは対応してませんが、重量に関わる予定のものです。
 ・《スタミナ(持続力)》(防御系)は、STAを+4して、最大装備重量を増加してくれる。
 ・《アイテムマスタリー(道具の達人)》は、現在、効果検討中。
  ・所持しているアイテムを装備枠にいくつか変更できる効果と、うまく収納して、収納具の容量にボーナスを得る効果あたりかな?
 ・《チェンジウェポン(武装交換)》(奇襲系)は、一切のアクションと時間を消費せずに、1ラウンドに1回、「所持」状態の武器を即座に構えることができる。
  (細かいルールは本実装時に;w;)



運搬具

 ・運搬具はアイテムをまとめて持ち運びする道具。運搬具と収納具の2種類に分類できる。
  ・運搬具=アイテムをまとめて運びやすくするもの。戦闘中にとっさに中のアイテムを使うことはできない。容量は大きい。
  ・収納具=アイテムを整理して収納する入れ物。装備していれば、中のアイテムを戦闘中に即座に使うことができる。容量は小さい。
 ・運搬具&収納具を装備すると、最大で容量の値まで、中に入れた荷物の合計重量を0とすることができる。
 ・運搬具&収納具は防具の装備個数制限には含まれない。
  ・装備箇所は「右手」「左手」「背中」「腰」の4箇所であり、同じ箇所に複数の運搬具&収納具を装備することはできない。
   ・加えて、運搬具の重量は、装備重量ではなく所持重量として扱ってよい。ただし、装備する必要があることに注意。
    ・ただし、戦闘中に即座に中の荷物を使うことができる収納具の場合は、装備重量として扱うこと。



過重ペナルティ

 ・重すぎる荷物は、移動速度や行動判定にペナルティを与えることになる。
  ・過重+1段階につき、1d20の成功判定に-2、移動速度-25%のペナルティを受ける。即ち、過重+4段階で移動不可となる。
  ・現在の装備重量が、最大装備重量を超えてしまった場合、超えた数値がSTAの半分以下ならば過重+1段階。それより大きくSTA以下ならば過重+2段階となる。装備重量はSTAの半分おきに過重段階が+1される。
  ・現在の所持重量が、最大所持重量を超えてしまった場合、超えた数値がSTA以下ならば過重+1段階。STAより大きくSTAの2倍以下ならば過重+2段階となる。所持重量はSTAおきに過重段階が+1される。


<めもめも>
 ・過重状態とかのルールはいずれ><ノ