※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


僧侶呪文2Lv<カルフォ(罠透視)>(CALFO)



形式: 非戦闘
属性: 「魔」
射程距離: 10m
効果範囲: 5m
レジスト: 無し
LP:
前提呪文: 1Lv<カルピック(危険感知)>
派生呪文: 4Lv<マカルピック(天啓)>
カウンター呪文: 無し

<呪文の解説>
  • 神の啓示により、宝箱等の罠を発見する呪文。
 ・この呪文を使用すると、範囲内(5m×5m)に存在する罠の存在に対して、1d20≦19(95%)の確率で気づくことができる。このダイスで20が出た場合、罠は存在しないと感じる。
 ・罠に気づいた場合、盗賊能力の「罠発見/解除」のように罠の種類を調べることができる。判定に用いる特性値はPER、ダイス数は(キャラクターLv÷5)+1個となる。盗賊能力の場合と同様に罠の難易度の修正を受けて、判定を行い、成功すると罠の種類を判別することができる。ダイスの目が成功率より4以上高ければ、罠の種類を間違えてしまう。差が3以内なら、「罠の種類は確定できなかった」ことになる。盗賊能力と異なり、<カルフォ>による調査で罠が発動することはない。なお、<カルフォ>に関する判定は基本的にマスターがダイスを隠して行うこと。
 ・又、同一人物が同じ罠に対して<カルフォ>を複数回唱えると、2回目以降のダイス目に+2ずつ重複してペナルティが加わる。
 ・呪文がクリティカルすると、チェックの必要なく罠の有無に気付くことができ、さらに罠の種類まで判別することができる。