※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


魔法・増強系《トゥルーワードキャスティング(真言葉詠唱)》



形式: 補助(呪文詠唱時)
前提スキル: 《クリティカルマジック》《スペルエンハンスメント》+制御系《セーフティキャスティング》
上限スキルLv: (増強系÷10)
最大スキルLv: 1Lv
派生スキル: 無し

<解説>
  • 呪文を構成する「真言葉(トゥルーワード)」を、定命の者(モータル)の言葉に置き換えずに本来の姿で用いる究極の技術。
枷から解放された呪文は通常のものとは次元の違う威力を発揮する。ただし、その制御は困難であり、常に暴走の危険をはらんでいる。《トゥルーワードキャスティング》は以下の手順で行う。

 ①呪文の詠唱判定を行う前に、判定に用いるダイス数を任意の数から選択する。
 ②呪文の詠唱判定を行う。
 ③振ったダイスの中で一つでもファンブルが出ている場合、SC(呪文制御)判定無しで即座にファンブル表でファンブルの内容を決定する。
 ④振ったダイスの中で、クリティカルの出目の数を合計して、出目1つにつきクリティカル効果を2つ選択することができる。
 ⑤もし、クリティカルもファンブルも無い出目の場合、その中から最も良いダイス目の結果を選択することができる。

※《トゥルワードキャスティング》のダイスロールにおいて、いかなるダイスコントロールの手段も用いることはできない。
 もちろん、成功段階をコントロールする手段も用いることはできない。



<めもめも>
  • 高レベルの《セーフティキャスティング》による若干のコントロール要素を追加予定。
 安易な例としては、1シナリオ中に《セーフティキャスティング》Lv個数まで、ファンブルの出目を通常失敗にできる等。