※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


戦闘・巧手系《フェイント(牽制)》



形式: 常時&〔アタックアクション〕
前提スキル: 無し
上限スキルLv: (巧手系÷8)+1Lv
最大スキルLv: 2Lv
派生スキル:
 ①《プリサイスアタック》+《フェイント》>《イグノーアーマー》

<解説>
  • 牽制攻撃により虚をついて相手の姿勢を崩す技術。
 ・牽制を仕掛けることで、相手を【幻惑】状態とする《フェイント》が使用可能になる。
  【幻惑】状態となった相手には、続く連続攻撃で急所を狙うチャンスを得る。以下に《フェイント》の手順を示す。

  ①《フェイント》を行うと宣言して、HLを用いて成功判定を行う。成功した場合は、判定の成功度を《フェイント》の強度とする。
  ②《フェイント》強度をペナルティとして、防御側はIRとPRの「高い」方でレジスト判定を行う。失敗すると、相手は【幻惑】状態となる。
  ③【幻惑】状態から回復する前に攻撃を行うと、相手のACに+4、〔ディフェンスアクション〕判定に-8のペナルティ。
   攻撃が命中すればクリティカルのボーナスを得る。

 ・スキルLvが2になると、より難易度の高い《フェイント》が可能となる。以下がその手順である。

  ①高度な《フェイント》を行うと宣言する。そして、どれだけHLにペナルティを加えるかを決定する。ペナルティは-2単位で加えること。
  ②成功した場合は、判定の成功度を《フェイント》の基本強度とし、さらに①で自ら課したペナルティ-2ごとに、《フェイント》の強度が+3される。
  ③《フェイント》強度をペナルティとして、防御側はIRとPRの「低い」方でレジスト判定を行う。失敗すると、相手は【幻惑】状態となる。
  ④【幻惑】状態から回復する前に攻撃を行うと、相手のACに+4、命中すればクリティカルのボーナスを得る。