墓荒らしについて


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【ユーリア】
「遺体が消え始めた、と村の方々が気づきはじめたのは、1年ほど前あたりからだそうです。ただ、いずれの場合も『気がついたら墓が荒らされていて、遺体は消えていた』という状況になっているらしいのです。つまり具体的な犯行時間は、村の方々には推察できていないようです。」
「ただ……墓が何者かに掘り起こされ、そこから死体が消えている。それは事実なのですが……。決してそれ以外の被害や、第三者からの脅迫の類は、まったく発生していないようなのです。」
「頻度に関しては、1年ほど前の時点では月に1~2件だったようです。しかし、段々とペースが増えてきていて、ここ最近では『先月は、6つも暴かれていたらしい』と聞いています。」
「自分が確認してみた限りでは、埋葬された時期は関係していないようです。古いものだと、数十年前に亡くなられた方の墓が掘り起こされていたこともあったようですから。」

【男装の盗賊剣士】
「このことは、できる限り内密に願いたいのですが。その地方から帰ってきた商人の聞いた噂』にしか過ぎませんが、『ヘパティカ村で、墓の盗掘が横行しているらしい』という件は報告されていたようです。ただし、ギルドとしては重篤かつ緊急性を要する追加情報が入ってこないかぎりは、調査の予定はありません」

【仕入れに来た肉屋の店主】
「ヘパティカ村の周辺、かどうかは知らんがね。ヘパティカ村ってところじゃあ、死体がいくつも消えてるって噂じゃあないか。わるい魔物でも、出ているんじゃなけりゃあいいんだがねぇ……?」

【プレッツェル売りの大男】
「村の墓が荒らされて、死体が次々、消えてってるんだろ? 俺も詳しいこと、聞いたわけじゃあないが。なんか、村長は『悪魔憑き』の祟りなんじゃないかって言ってた、とかなぁ……?」

【ふとっちょの巡回商人】
「うん、確かに先々月にあの村に寄ったとき、そんな話を聞いたんだよ……ひとつ二つじゃあなく、それこそ、幾つも続けてっね。とはいえ、村の連中も、ちゃんとは話してくれなくてね。なんでか知らんが、緘口令っていうのかい?こっちから詳しく聞こうとすると、とたんに、詳しいことは知らない、獣かなにかのせいだろう、の一点張りさ」
「でもね、あそこの村長……代替わりして、息子が村長になってたんだけどね?前の村長、身体を壊して隠居してるってんだが……村に『悪魔憑き』の祟りが出たって言って、暴れだすようになっちまったそうでね。まあ、気がふれちまったんだろうなぁ?」
「あ、現場は見てないんだ。だって、気味が悪いだろう……? やれやれ、ここ何年かはあの村も、景気が良くなってきたってのにねぇ……また、新しい取引相手を開拓せにゃあならんかなぁ?」