欠缺


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

欠缺(けんけつ)とは、「欠けていること」。主に法学で用いられる(意思の欠缺、意思能力の欠缺、登記の欠缺、訴訟条件の欠缺など)が、近時は「不存在」に言い換えられることもある。
(例えば、民法101条は現代語化の際に、「意思の欠缺」を「意思の不存在」に改めた。)