セッション11シナリオ案(改訂版1)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

渓谷の富貴桜亭

前回のおさらい&成長報告&今回予告

まずガレドの店に一度ワルツの身柄を預けに行く。
買物の間見ててもらおうということで。
蛮族即殺しないでくれそうなところ、ということで。

慌てて剣の欠片を代価として渡して去っていく村娘。

ガレドの所からワルツの身柄を受け取りなおして、
ひまわり園で合流する買い物を済ませた村娘達

出発だ、という時に、現れる人々

黄金の誘い亭のガレド達。
泣き叫ぶ閑古鳥亭のグラハム達。
コルニカ率いる熱血武装公務員達。
たまたま居合わせたジェイミー家族。

誰もが、村娘に力を貸してくれると言う。

どうして?

今まで誰かの為に戦い続けてきた村娘達。
そんな彼女達の為に、戦ってやろうと思うひとが集まった。
ただ、それだけのこと。

なんで事情を知っている?

大慌てで買い物をしてる村娘の姿を目撃されていた。
それに、ガレドの方もワルツを預けられた時の様子が
尋常じゃないと、ワルツに話を聞いていた。

ワルツ/貴音
このドワーフのおっさんは話がわかるな。
ディルフラムの情報知ってる限り洗いざらい話したら、
マーチを救う手伝いどころか、司法取引にも応じるとよ。

ディルフラムからも裏切り者として扱われるようになる
というのに、何故?

ワルツ/貴音
心の中に剣があると言ったな。
魔剣は穢れた種子に侵され砕けた。
そんな中でアタシが守れるものを考えた時、

ワルツ/貴音
アタシが心の剣を振るって守りたいものは、
ディルフラムでも、ガンフォアでもない。マーチだ。

ワルツ/貴音
今までアタシはマーチが独りでも戦えるように、
蛮族領で強くあるように鍛えてきた。そのつもりだった。
だがビート。お前と戦い、そして見て、思ったんだ。

ワルツ/貴音
一緒に並んで戦えば、マーチを守ることも
出来たのかもしれない、と。
それがお前の、お前たちの流儀なのだろう?

ワルツ/貴音
元々ガンフォア家のやり口には辟易してた所がある。
それならスパッと人族の間で暮らすのも悪くない。
お前達の流儀に合わせるのも、な。

ワルツ/貴音
……それに、ビート。
お前の言う『バルバロス』の、その先が見たくなった。
そう言えば満足か? 愚妹。

全ての準備は整った。
馬車は集まったひとびとが用意してくれた。

リコット
皆さん、助けてください。私達の村を。

ケイト
ニルダネスという私達の故郷を。

ミァム
私達の家族を。

ティア
優しい人々を。

ビート
そして、手伝ってくれ。
それら全てを守るための戦いを。

全てのひとびと/貴音
もちろん!

場面が移動して、道中で探索判定をすると、
村の近くの森でアーメスの紐を見つける。
ミァム
リコット、あれ! うちの村の暗号の紐じゃない!?

ケイト
じっちゃんとばっちゃんのアーメスの印!

リコット
あの紐の色と結び方は、……紐の北に向かってください!

北に向かうと、キリコ達と合流できる。
欠けている者はいない。決して無事とは言えない程度に
怪我をしている者はいるが、死者はひとりもいない。

キリコ
犠牲を容認するなかれ。生き残ることが勝利である。
ってな。ニールダ様の格言だぜ。ってことで、
全力で逃げに徹した。おかげで皆生きている。

生きていれば、また村を始めなおすことだって、
できるからな。

そして、反撃開始の合図。

反撃開始!なシーンにて
『ガレド
此度の討伐戦、蛮族は敵ではない!
敵は魔神のみ! 黄金の誘い亭の勇者たちよ!
各々その力を存分に発揮せい!

グラハム
楽しい、楽しい話をしよう!
こんな因果な商売をしている俺達が、『ありがとう』
と言ってもらえるチャンスだ! 全力で行くぜ!

コルニカ
熱血公務員の底力、見せてやりましょう!
税金を払わない魔神に、目に物見せてやりましょう!
徴税官の恐ろしさ、味わわせてやりましょう!

キリコ
俺達の故郷を滅茶苦茶にしやがった奴らに、
一矢報いてやろうぜ、皆!

ビート
さぁ行こう。反撃開始だ!

ひとびと
応!』

行く手を阻む魔神達。
何人ものひとが、『ここは任せて先へ行け』と
馬車を飛び下りていった。

ガレド・ランカース達率いる冒険者達。
グラハム率いる盗賊ギルド員達。
コルニカ率いる熱血武装公務員達。
そして、キリコ率いるニルダネスの村民達。

そうして、ようやくたどり着いたのはニルダネス村。
その中心にマーチは居た。
二体の魔神を従えて。
その魔神の名はブガラドレ。
腐敗の沼をもたらす、邪悪なる魔神。

ワルツ
魔神の片方は私に任せろ。もう片方とマーチは、
お前達が止めてくれ。

ビート
でも、剣が折れてて、怪我も治りきってないのに!

ワルツ
はん、お前の姉を信頼しろ。お前達の流儀に合わせる
限り、マーチを救う為に戦う限り、アタシは負けない!

マーチ(寄生魔神)戦。
魔物知識判定で、寄生魔神を倒せばマーチは救えると
わかる。

戦闘終了。寄生魔神を倒すと、全ての魔神は消えていく。

マーチ/やよい
『私の中から、出て行って!』

魔神/貴音
『なぜボクを拒絶するんだ!?』

マーチ/やよい
『ワルツ姉様が、私に強くあって欲しいと望んだから。
メロディエ姉様が、私の剣を教えてくれていたから。
……ビートが、それを全部思い出させてくれたから!』

ビート&マーチ
剣は、心の中にある!

魔神
なんだよ、なんなんだよ、お前達はぁ!?

ビート/響
自分は、自分達は――!

ビート/響
ニルダネスの、バルバロスだ!

魔神
ひっ、ひぃいいいいいいい!

ビート/響
お前は、今まで出会った誰よりも、弱い!



穢れた事件は、これで終わったのだ。

だが、全てが終わったわけではない。

蛮族と人族が住む村。その存在が明るみに出てしまった。
しかも、今までの村の場所はブガラドレによって
汚染されてしまって、使えない。

そんな時、リコットが演説する。

私達を受け入れてくれないか、と。

リコット
私達は確かに蛮族です。
ですが、私達は争いを望みません。

リコット
姿形は違えど、神話の時代からの敵対者の末裔と言えど。
同じはじまりの剣によって生み出された小さきひと。
分かり合う為の方法はあるはずです。

リコット
どうか、私達の手を取ってください。
私達があなた方のそばに村を作ることを認めてください。
あなた方の隣人となることを、許してください。

リコット
ニルダネスは、ラスベート東の村々の新たな一つとなり、
平和への開拓村となることを、ここに宣言します!

ラスベート東の村々の一つとして、開拓村を作る。
それを新たなニルダネスとすることを許してくれないかと。

ミァムは、そこには冒険者の店が必要だ、と言う。
人族と蛮族が暮らす村だと、トラブルが起きることも
多いだろう。即応力が必要になると。

ガレドが、いつかその店のマスターになれるよう、
黄金の誘い亭で働かないかと言う。

ミァムがそれを了承する。

ガレド
修行か! いいぞやることは沢山ある、店の経営に、
実力の測り方、荒事の穏当な強制介入に、
そうだ裏帳簿の付け方も見とくか!

コルニカ
えっ?

ミァム
ちょっと、あくまで色々勉強して、
独り立ちするために、跡取りとかじゃ、きゃあー!


グラハムが、盗賊ギルドの見回りが必要になりそうだ、という。
ケイトが、そこの連絡員になると言う。

コルニカが、徴税に来るのが大変ですねぇ、と言う。

名誉人族たるバルバロス、リコット・アクィズの言葉は、
ラスベートのひとびとに届いたのである。

誇りなさい。
隠れ里はもはや隠れ里でなく。
ニルダネスという開拓村が産声を上げました。
それは、あなた方の功績です。
今までのあなた方の行いの全てが、
ここに結実したのです。
その絆は、誰にも壊すことはできません!
改めて言いましょう。
誇りなさい!
ニルダネスの乙女達よ!

エピローグ。それぞれの明日。

『ビート達』
ビート
穢れた欠片事件はひとまず終了したけれど、
まだ被害に悩むひとはいるはずだ。
それを助けて回ろうと思う。この村を拠点に。

ビート
それも全部終わったら? 
そうだな、そしたら絵本を描こうかな。
ねーねーの話を沢山の人に読んでもらえる絵本を。

マーチ
私の手は、私の弱さのせいで罪に穢れました。
だからこそ、強く生きて、それを償い続けます。
それが私のバルバロスだと、そう思います。

ワルツ
それがアタシらの新しい流儀になる。
アタシ達も、ニルダネスのバルバロス、
ってことでいいんだよな?

ビート
新参者には厳しく行くぞー♪

ワルツ
あぁん!? 姉だぞアタシは!

ビート
そんなの関係ないぞー!

マーチ
ワルツ姉様、ビートお姉ちゃん、ケンカしないで……!

『ミァム』

ガレド
冒険者の店、黄金の誘い亭の支店。
名前はどうしようかのう。

ミァム
私が将来のマスターだから、名前は私が決めても
いいんだよね♪

ガレド
見習いが偉そうに言うんじゃないぞい。
お前さんはまずウェイトレス業務をカンペキに
こなせるようにならんかい。

ミァム
そんなー。『黄金のネコミミ亭』とか考えてたのにー。

ガレド
却下じゃ却下。なんかいかがわしい響きがある。

ミァム
ぶーぶー!

『ケイト』

ケイト
私は、することは大して変わらないんだけどね。
ただ、見守るだけだから。

グラハム
お前さんなら、もっと上を目指してもいいと思うん
だがなぁ……。

ケイト
私は、この村の巫女として生きていくと決めたからね。
ずっと、この村を見守っていくよ。

グラハム
そうか。そいつは、楽しい話だ……。

『ティア』
~メルキアノ道場にて~

ティア
せいっ!

門下生
ぐへぇっ、参りました……!

師範
リルドラケンや練体士向けの道場だったが、
なるほどなぁ、ラミアも強靭な尻尾を持つものなぁ。

ティア
いつかすべての秘伝を身に着けてみせますよ。
私の友達の、冒険者の店の代表となる為に。
名誉人族として。

師範
ところで、聖銅天使学院の宿題はやったのかい?
学業と冒険者と道場と商売の四足のわらじって
聞いてるけれど……。

ティア
うっ……! それは今は忘れさせてください……!

『リコット』

リコット
あー、緊張する……。

ミァム
リコット、右手と右足が同時に前に出てるよ?
どれだけ緊張してるのさ?

リコット
そりゃ緊張するでしょ! ラスベート評議会議員の
方にあって、ニルダネスのこれからについての
話をするんだから!

ガレド
ワシが口添えしてやるんじゃから、大船に乗った
つもりでおればいいんじゃよ。話のわからない御仁
でもないしな。

リコット
それはそうですけれど……。
でも緊張するのは緊張するの!
またこのドレスを引っ張り出すことになったし……。

ミァム
新村長として、村の代表として、恥ずかしくない
恰好をしないとね♪

リコット
うぅ~。

ガレド
さ、話し合いのテーブルにつこうじゃあないか。
議員さんも美人村長殿に会うのを楽しみにしておるぞ!


グランドエピローグ~キリコとハリコの結婚式~

リコットがニルダネスドレス姿で進行をする。

そしてふたりが幸せなキスをして幕引き。

隠れ里のバルバロス ~完~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。