2011/9/6 反日極左工作員野田。日本人の生命や財産より、パフォーマンスと極左組織構築。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

またしても「想定外」? 水害対応、野田政権も緩慢さ露呈
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110905/plc11090522340019-n1.htm

 8月30日から広い範囲で大雨をもたらしている台風12号による甚大な被害で、政府は5日も救助活動や情報収集など災害対応に追われた。だが、野田佳彦内閣が非常災害対策本部を立ち上げたのは4日夜になってから。台風が高知県東部に上陸してから1日半が経過しており、決して迅速な対応とはいえなかった。菅直人前首相は東日本大震災の初動対応で混乱したが、野田政権も早速「政治的な反射神経」と危機管理能力を問われている。
 「迅速性に何か齟齬(そご)があったということはない」
 藤村修官房長官は5日の記者会見で豪雨災害の政府対応を問われ、こう反論した。野田内閣は2日に発足したばかりの政権移行期だったため対応が遅れたとの指摘にも「そうではない」と即座に否定した
 内閣府の応急災害担当者も5日、適切な対応を強調した上で「むしろ予想以上に台風の動きが遅く、被害の全容がいまだに把握できていない」と述べた。大震災と同じく「想定外」の事態だったという認識だ。
 「広範囲に大きな被害をもたらしている。引き続き行方不明者の人命救助、孤立者の支援に全力を挙げるようお願いしたい」
 5日午後1時から内閣府で開かれた政府の非常災害対策本部第2回会合では、本部長を務める平野達男防災担当相はこう指示した。これも遅きに失した感は否めない。

 台風12号をめぐり、災害対策基本法に基づき、政府が対策本部を設置したのは4日夜初会合に先立ち、首相は平野氏に「人命救助を第一に全力を尽くす」「被害状況の迅速・的確な把握」を指示した。
 ただ、台風12号が高知県東部に上陸したのは3日午前10時前だ。すでに松山市で女性1人が川に流されて死亡したほか、徳島県で2人、和歌山、広島、鹿児島県でそれぞれ1人が行方不明になっていた。警察庁は被害が大きいと判断、4日未明にかけて大阪など3府県警に広域緊急援助隊の派遣準備を要請している。
 警察庁や消防庁など関係省庁が情報収集や災害救助に走り出す中、官邸は台風上陸の1時間前の3日午前9時に官邸情報連絡室を立ち上げた。ここまでは機敏だったが、その後、関係省庁が被害情報を共有する連絡会議を開催したのは4日午前10時半。非常災害対策本部の設置はさらに遅れ、台風上陸から34時間も経過した後になった。
 平成16年秋に台風23号が襲来し、98人の死者・行方不明者を出した当時も、政府は同様に非常災害対策本部を設置した。当時の小泉純一郎内閣は、台風上陸から6時間半後に関係省庁の連絡会議、28時間半後に対策本部の初会合を開催した。単純比較でも、今回の政府対応は「緩慢」だったことになる。
 「人命救助と行方不明者の捜索に全力を尽くす」
 首相は5日朝、記者団の呼びかけにこう述べたが、前政権に続いて立ち止まっての取材は拒否した。被災者やその家族に向け、必要な情報を発信し、励まし慰める姿勢はまだみえていない。

 

自民・石原幹事長、台風への緩慢対応に怒り 野田首相には「散髪より先」と皮肉
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110906/plc11090611120010-n1.htm
自民党の石原伸晃幹事長は6日午前の記者会見で、和歌山、奈良両県などに甚大な被害が出た台風12号への政府対応について「新内閣誕生でバタバタしていたのかもしれないが、少し緩慢ではないか。怒りを覚える」と批判した。
 石原氏はこれに先立つ党役員会でも、野田佳彦首相が3日に10分で料金1000円の理髪店で散髪したことに触れ、「髪が伸びたら(散髪に)行くのは結構だが、台風の上陸後に理髪店に行くより、首相官邸の危機管理センターに行くのが先ではないか」と皮肉った。


 朝鮮進駐軍として不法侵略してきた朝鮮人のテロ組織である朝鮮民団とズブズブの関係にあり、憲法違反の外国人参政権をはじめとする国家壊滅をたくらむ極左テロリスト野田が、いきなり日本人見殺しをやらかした。

 台風上陸がしたのが9月3日午前10時。その時点で松山市では女性1名が死亡、徳島県で2名、和歌山県、広島県、鹿児島県で1名ずつが行方不明。(1名死亡、5名行方不明)
 警視庁が大阪などに緊急援助隊の派遣準備を要請したのが4日未明(深夜から早朝)。
 そして野田と民主党が連絡会議を4日午前10時半にようやく立ち上げたものの、その後ほとんど動かず、対策本部を設置したのが4日の夜になるという恐るべき見殺しを行ったのである。
 
 そもそも、台風12号は巨大で進行が遅く、多大な被害を及ぼすであろうということは、様々なニュースで大々的に警告されていたものである。そして、その通り、3日の段階で死者、行方不明を出していたにもかかわらず、野田は散髪パフォーマンスなどという国民の生命にまるで無関心で無責任な遊びに興じたのである。
 そのほかにいったい何をしたのか?そう、野田は朝鮮民団幹部からの違法献金が新聞記者に指摘され、まるで悪びれもせずしらばっくれて逃走したのである。国民の生命や財産を見殺しにし、己の保身と反日左翼テロ組織との悪の関係を黙認することに全力を注いだのである。

 

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。