2011/8/6 ルーピー鳩山、ルーピー健在、己の悪事と醜態を棚に上げて閣僚に辞任を迫る


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「閣僚は集団辞任を」鳩山前首相が決起促す、菅首相の早期退陣で
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110806/stt11080616500005-n1.htm

 民主党の鳩山由紀夫前首相は6日、菅直人首相の退陣について「国益を考えたときに、海江田万里経済産業相をはじめ、このままではいけないと思っている方々が(辞任の)決断するかどうかにかかっている」と述べ、閣僚や党執行部が集団で辞任することで、首相の早期退陣を促すべきだと考えを示した。北海道苫小牧市で記者団に語った。
 鳩山氏はまた「引き際をいかに自分の意志でつくるかということが大事だ。早く結論を出されるべきではないか」と述べ、首相にも早期の決断を求めた。
 首相が特例公債法案の成立を退陣の3条件の一つに掲げていることについては「私と首相との話し合いでは、特例公債は条件に入っていなかった。そのことが絶対条件だと考えるべきではない」と述べた。

 

民主党の全閣僚の集団辞任ということは反対しない。また担当相を騙る連中も同じである。これらは閣僚だけではなく、議員も辞職し、これまでの犯罪、テロ支援活動のすべてを白状し、警察や国際社会の場できっちりと断罪されるべきである。
しかし、己の巨額の脱税という犯罪、そして北朝鮮の工作員のフロント組織への献金などの悪事を全く反省せず、己だけは棚上げとはでたらめもいいところである。
また首相辞任後、議員辞職と言っていたのに未だに国会議員にしがみつき、この国難において税金にたかり続けていることを棚に上げて何を言っているのだろうか?

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。