2011/6/2 世界最悪のペテン師、菅直人とその仲間。不信任案提出前に辞めると言わせ、秘訣直後に辞めるといってない。証拠を出せと世界をペテンにかける


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「それはウソ」色をなす鳩山前首相
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110603-OYT1T00130.htm?from=top
 

(前略)

 菅の退陣に関する条件なのかどうかを巡って解釈が割れた鳩山前首相と菅の間の覚書は、菅の指南役、北沢防衛相と鳩山の側近、平野博文元官房長官が極秘にまとめ上げたものだ。

 「鳩山は時間をかけて話をすると、あっちへ行ったりこっちへ行ったり揺れるから、一気にやろう」

 平野と北沢が覚書作りに着手したのは1日夜。鳩山は不信任案賛成の意向を表明済みだったが、平野は鳩山の、北沢は菅の意向を確認しながら、何度も電話で文案を詰めた。

 2日午前、首相執務室。北沢は覚書を手に、枝野官房長官とともに菅に向き合った。

 「2次補正の編成とは、成立のことか」

 いぶかる菅に、北沢は「そこはぼかさないとダメです」と進言した。

 約1時間後、菅は平野、岡田幹事長らの前で鳩山と覚書を交わした。鳩山は覚書を退陣条件と考え、署名を求めた菅は「党の中のことだから、信用してほしい」とかわしたしかし、両者の意図の違いは、菅がこの日、一度も「退陣」という言葉を使わなかったことに表れていた。

 ◆「終わり」の始まり◆

 玉虫色の合意のほころびは、すぐに表面化した。

 「それはウソだ。私と首相との間で、辞めていただく条件の話をした」

 岡田が2日昼の党代議士会後、菅の退陣時期について「区切っていない。(確認事項が続投の条件とは)言ってない」と記者団に語ったことを伝え聞いた鳩山は色をなして反論した。

 逆に、菅は「紙に書いてないのに、何を言っているんだ」と、鳩山への不信と怒りを周囲にぶちまけた。鳩山が代議士会で、2011年度第2次補正予算案の「編成のメド」をつけた段階で菅が辞任すると説明したからだ。

 

菅は、不信任案決議前、自分を信用してほしいとして署名を拒否 → ところが不信任案が否決されたとたん、「紙に書いてないのに、何を言っているんだ」と人に信用を求めておきながら恐るべき逆切れを展開。

もはや最低限の人間としてのモラル、正義を持ち合わせていません。鳩山退陣のどさくさに紛れ、国民のただの1人からの信任も受けずに総理の座を奪い取ったことから始まり、今度は権力を盾に国家、法を蹂躙し、国家を食い物にしています。いわば、日本か菅、とその側近である枝野、岡田、仙石に無血クーデターで乗っ取られてしまった状態です。

 (後略)

 

------

菅首相の辞任、正式決定ではない~官房長官
http://news24.jp/articles/2011/06/02/04183863.html


衆議院本会議で2日午後、菅内閣不信任決議案の採決が行われ、反対多数で否決された。菅首相は民主党代議士会で「震災対応と原発事故で一定の役割が果たせたら」という条件で辞任する意向を示したが、枝野官房長官は2日夕方の会見で、菅首相の辞任は正式に決定したものでないとの認識を示した。

 枝野官房長官は「(菅首相と鳩山前首相の会談は)決定をする場だとは承知していないし、何かそこで決定したとも承知していない」と述べた。

 また、菅首相の求心力低下が避けられない中でどのように政権運営を続ける考えなのか。菅首相は、2日午後9時過ぎから記者会見を行うことにしており、その発言が注目される。

 一方、民主党では、不信任案に賛成した松木謙公議員や採決を欠席した小沢元代表らの処分が大きな焦点となっている。党の役員会は2日午後7時半から開かれることになり、松木氏らの処分について協議するが、党内には慎重意見もあることから調整は難航も予想される。

 

-----

断ち切れなかった国難 政治部長・五嶋清
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110603/plc11060301300003-n1.htm

(前略)
ところが、菅首相の言う「一定のめど」とは、反対に回った議員たちが想定していた数カ月以内ではなく、どうやら原発が冷温停止状態になり得る来年1月を念頭に置いているようだ。早期退陣を信じた議員たちは、うまく乗せられたのだ。乗せた首相も首相だが、乗せられた方も乗せられた方だ。こんな三文芝居を見せられて、これ以上、この首相、この内閣、この政党の何を信用しろというのか。

 もっと言おう。この条件では菅首相が震災復興にもたつけばもたつくほど、長く地位にとどまれることになる。笑うしかない。

(後略)
 

 

他、菅の歴史上類を見ないでたらめなペテンには各メディア混乱をしています。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。