2011/5/21 民主党、権力固執のために国政蹂躙。捏造、隠蔽、公文書改竄に躊躇なし。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

政府、首相の関与否定に躍起 海水注入中断問題 過去の政府資料を訂正
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110521/plc11052122580008-n1.htm

 

東京電力福島第1原発への海水注入が菅直人首相の「聞いていない」発言により中断したとされる問題で、政府は21日、打ち消しに躍起となった。細野豪志首相補佐官は過去に発表した政府資料を都合良く訂正した上で「事実に基づかない」と反論したが、政府関係者の証言との矛盾がますます増えており、むしろ疑念は深まった。自民党は週明けから国会で徹底追及する構え。

細野氏は21日夕、都内の東電本店で開かれた政府・東電統合対策室の記者会見で経緯を説明した。

 それによると、首相は3月12日午後6時に始まった政府内協議で「海水注入で再臨界の危険性はないか」と聞いたところ、原子力安全委員会の班目春樹委員長が「危険性がある」と指摘したため、ホウ酸投入を含めた方法を検討した。

 東電は午後7時4分から1号機でホウ酸を入れない「試験注入」を始めたが、官邸の指示を待つために同25分に注入を停止。首相が海水注入を指示したのは同55分だったとしている。

 細野氏は、東電の試験注入について「原子力安全・保安院には口頭で連絡があったが、官邸には届かなかった。首相が激怒することもない。私が知ったのも10日ほど前で驚いた」と首相の関与を否定。過去に公表した政府資料に「午後6時の首相指示」との記載があることについては「『海江田万里経済産業相が東電に海水注入準備を進めるよう指示した』と記述するのが正確だったと訂正した。

 複数の政府筋によると、首相が海水注水について「聞いていない」と激怒したことは複数の政府関係者が記憶しており、斑目氏が「海水注入は再臨界の危険性がある」などと指摘した事実もないという。

 この問題を受け、自民党の谷垣禎一総裁は21日、新潟市で「事態の処理を遅らせたとすれば人災という面が非常にある」と批判。同日夕、大島理森副総裁、石原伸晃幹事長らと党本部で協議し、週明けから原発事故の政府対応を国会で徹底追及する方針を決めた。

 鳩山由紀夫前首相も北海道苫小牧市で、政府の事故対応を「事実が必ずしも国民に明らかにされていない。重く受け止めなければならない」と批判した。

 

 もはや、民主党、菅直人は権力固執のためには手段を選ばなくなり、全く人としてのモラルを失っている。公書偽造の1つをとっても明らかな犯罪である。
震災翌日の菅の原子力発電所へのヘリでの遊覧飛行のために災害対応を中止させたことを、12日の枝野の会見で映像にも残っているにもかかわらず、後日に

こような醜悪な捏造は頻繁に行われており、氷山の一角であることは様々な報道で明らかにされている。災害対応に発足させた各委員会で議事録を取らせないようにするなど、一切の情報隠ぺいを図ることを前提としている。

 

 菅、仙石、枝野、岡田にしろ、民主党は日本をないがしろにし、中国、北朝鮮などを崇拝しているが、まさにその政治手法も中国や北朝鮮同様、政府の都合の異様に事実を改竄、ねつ造し、言論統制を行うという反社会的国家のやり方そのものである。
 その割には中国、北朝鮮よりもはるかに劣るっている。中国、北朝鮮はそれでも国家の緊急事態には真摯に対応するが、民主党は国家というものは自ら運営、維持、発展させずとも勝手に存在するものであり、権力や税金はどこからともなく湧いてくるものだという前提に立っていなければ到底理解できない言動しかとっていない。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。