2011/5/21 菅直人、政治主導の手柄が欲しいがために放射能被害を拡大したことが露呈


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

震災翌日の原子炉海水注入 首相の一言で1時間中断
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110521/plc11052100440001-n1.htm

 東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発1号機に関し、3月12日に東電は原子炉への海水注入を開始したにもかかわらず菅直人首相が「聞いていない」と激怒したとの情報が入り、約1時間中断したことが20日、政界関係者らの話で分かった。

 最近になって1号機は12日午前には全炉心溶融(メルトダウン)していたとみられているが、首相の一言が被害を拡大させたとの見方が出ている。

 政府発表では3月12日午後6時、炉心冷却に向け真水に代え海水を注入するとの「首相指示」が出た。だが、政府筋によると原子力安全委員会の班目春樹委員長が首相に海水注入で再臨界が起きる可能性を指摘、いったん指示を見送った。

 ところが、東電は現場の判断で同7時4分に海水注入を始めた。これを聞いた首相が激怒したとの情報が入った。東電側は首相の意向を受けてから判断すべきだとして、同7時25分に海水注入を停止した。その後海水注入でも再臨界の問題がないことが分かった。同8時20分に再臨界を防ぐホウ酸を混ぜたうえでの注水が再開されたという。

 自民党の安倍晋三元首相は20日付のメールマガジンで「『海水注入の指示』は全くのでっち上げ」と指摘。「首相は間違った判断と嘘について国民に謝罪し直ちに辞任すべき」と断じた。これに対し、枝野幸男官房長官は20日夜「安倍氏の発言が偽メール事件にならなければいいが」と牽制(けんせい)。首相周辺も「激怒はしていない。安全を確認しただけだ」と強調した。

 

早い話、菅直人は自らの指示で原発事故を抑えたという手柄をでっち上げたいがために、原発事故の重大性を無視し、全世界に甚大な被害をもたらすことがわかりきっていたにもかかわらず、事故の対応を中止させた。

これは明らかに悪意のある破壊行為であり、公文書の不正改竄、および捏造、事実の隠ぺいである。この項目だけでどれだけの犯罪が行われているか計り知れない。

 

人類の歴史上、己の欲望のためにこれほど甚大な災害をまき散らし、これから気の長くなるほど長い年月もわたって続くであろう被害(すでに世界に飛散している高濃度のストロンチウム、ウランは簡単に消えない)をまき散らした死神は「菅直人」を置いてほかにいないだろう。

 

 

菅直人は間違いなく己の望み通り、歴史に名を残す人物になるであろう。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。