番外編2:東電の放射性物質放流テロを問いただすフリーライター達。東電はトンズラする。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

 

●東電は、原発に放射性物質汚染水がたまっていたことを数日前から隠ぺい

 隠ぺいしていたことを追及されると、報告がなかったのではないかと汚染水がたまってきた経緯、

 ここで発表に至るまでの隠ぺい。

●2リットルの放射能汚染水がたまっているといっているが、2リットルの根拠を突っ込まれると回答できず。

●にもかかわらず、いきなり海に放水すると宣言。

 消防のポンプですくって確保するなどの案を突っ込まれたが

●放水を判断した責任者の名前を隠ぺい。

 説明をしている東電担当者が相談してきたというが、意地でも隠ぺい。

 問いただされると東電逆上。

●挙句の果てに東電担当者逃亡、記者会見打ち切り

 

http://www.youtube.com/watch?v=5_0o8EDx4zM

 

質問に出ていないが極めて重大な事項

●2リットルの放射性物質汚染水を低濃度汚染水とごまかしている

 →低濃度とは何を基準に低濃度と言っているのか?

  どのような放射性物質に、どれだけ(何ミリシーベルト)汚染されているか隠ぺい。

●2リットル程度だったら器に救ってよけておけばよい程度。

 サンプルを採取して濃度を測れるぐらいだったら全部すくえると思われる。

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。