2011/9/26 売国奴テロリスト野田、予想通り憲法違反の外国人献金をしらばっくれて国民をペテンにかける。憲法も法律も一切守る気なし。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

野田首相、外国人献金「外国の方との認識なかった」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110926/crm11092618070020-n1.htm

 野田佳彦首相の資金管理団体が、在日本大韓民国民団(民団)関係者ら在日韓国人2人から計約30万円の政治献金を受け取っていた問題で、野田首相は26日の衆院予算委員会で、「外国の方との認識を持って献金を頂いたということはありません」と述べた。野田首相が認識の有無を明らかにするのは初めて。
 自民党の稲田朋美議員への答弁。野田首相は「外国籍の方から私が献金をいただいたという報道をふまえて、いま詳細の調査を行っている。まとめ次第、ご報告をさせていただきたい」とした。
 外国人献金問題は9月3日の産経新聞の報道で発覚した。野田首相の資金管理団体「未来クラブ」(千葉県船橋市)が、船橋市と同県松戸市に住む在日韓国人男性から平成10~15年、計約30万円の個人献金を受けていた。船橋市の男性は民団地元支部の役員で「選挙のときには、選挙事務所の立ち上げにも行った」などと述べていた。
 稲田氏は予算委で「報道があったのは9月3日、それから1カ月間、いったい何を調査しているんですか」と対応の遅れを批判した。

 

 売国奴にして反日テロリスト野田が、予想通り、憲法違反の外国人献金について、偽証を行い、居直りを決め込み、平然と憲法違反の凶悪犯罪をしらばっくれることを宣言した。
 そもそも、野田の献金は、これまた憲法違反の朝鮮民団ぐるみの選挙運動を通じて顔見知りとなった、朝鮮民団幹部からの献金である。さらに、野田は選挙運動の感謝として朝鮮民団であいさつまでしており、外国人と知らないというのは絶対にありえない。

 野田は好き放題犯罪を犯して税金にたかり、日本を食い物にして滅ぼす気しかなく、憲法も法律も守る気もさらさらなく、日本に対して責任を取る気などさらさらないのである。

http://www.youtube.com/watch%3fv%3d3k79ozsd_-8

 さらに言うなら、献金の報道があったのは9月3日。この9月3日は何があったのか?台風12号により多数の死者まで出た日である。
 この日、野田は散発パフォーマンスを行い、憲法違反の外国人献金の報道がされるやいなや雲隠れし、台風の対策を大幅に遅らせるという日本人の命よりも犯罪の意ペイが大事という本性を現した日である。

 野田は菅直人よりはるかに凶悪で悪事を働くことを何とも思わない、人間としての道徳や両親のかけらもない恐るべき欠陥品である。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。