※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イングランド国歌

God Save The King(/Queen)
国王ではなく女王が在位している場合は、Kingの代わりにQueenを、himの代わりにherを用いる。また、第3節第6行は"To sing with heart and voice"となる。(現行)

さあ、動画を再生して、イングランド(イギリス)国歌を練習しよう^^
YouTube画面の右下の▲で出現するアイコンを押すと、他の国の国歌も試聴できます^^

1. God save our gracious King,
Long live our noble King,
God save the King:
Send him victorious,
Happy and glorious,
Long to reign over us,
God save the King.

おお神よ我らが慈悲深き国王(女王)陛下を守りたまへ
我らが気高き国王(女王)陛下よとこしへにあれ、
神よ国王(女王)を守りたまへ:
君に勝利を幸を栄光をたまはせ
御世の長からむことを:
神よ国王(女王)を守りたまへ

2. O Lord, our God, arise,
Scatter his enemies,
And make them fall.
Confound their politics,
Frustrate their knavish tricks,
On Thee our hopes we fix,
God save us all.

おお主よ、神よ、立ち上がられよ
汝と君の敵を消散せしめたまへ
打ち砕きたまへ
彼らが策を惑はしたまへ
彼らが騙し手を挫きたまへ
我らが望みは汝の上に!
神よ我等を救いたまへ

3. Thy choicest gifts in store,
On him be pleased to pour;
Long may he reign:
May he defend our laws,
And ever give us cause
With heart and voice to sing
God save the King.

汝(な)が選り抜ける進物の
君に喜びと注がれむことを;
御世の長からむことを:
我らが法を守りたまひ
絶えず理想を与へたまへ
声無きも声高きも謳ひぬ(歌ふ心で歌ふ声で)
我らが神よ国王(女王)を守りたまへ

4. Not in this land alone,
But be God's mercies known,
From shore to shore!
Lord make the nations see,
That men should brothers be,
And form one family,
The wide world over.

神の御慈悲は
この御土のみでなく
そのくまなきに知らるる!
主はこの御国に、この広き世界の
全て人間は一つ兄弟たり、
一つ家族たることを知らしめす

5. From every latent foe,
From the assasins blow,
God save the King!
O'er his thine arm extend,
For Britain's sake defend,
Our father, prince, and friend,
God save the King!

闇に潜みし敵より
暗殺者の魔の手より
神よ国王(女王)を守りたまへ
君が上に汝が腕を広げ
ブリテンが為に防がむ
我らが父(母)にして君にして友
神よ国王(女王)を守りたまへ

6. Lord grant that Marshal Wade
May by thy mighty aid
Victory bring.
May he sedition hush,
And like a torrent rush,
Rebellious Scots to crush.
God save the King!

主はウェイド元帥をして
その強き祐けにより
勝利をもたらしめむ
乱を制しめむ
轟々たる濁流の如くして
反逆せしスコットランド人を破らしめむ
神よ国王(女王)を守りたまへ

第6節はジャコバイト蜂起の記憶が薄れ、イングランドとスコットランドの融合が進む中で19世紀初頭にはほとんど歌われなくなった。近年になって「反逆せしスコットランド人を破らしめむ」という節がスコットランド住民を敵視するものだとして、一部議員から第6節を国歌から削除する案が提出されているが、反対意見が多くまだまとまっていない。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|