※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

七大天使(天使)

 神の御前に出ることが許された天使 御前天使 、あるいは 栄光の天使 とも呼ばれる。ミカエル、ガブリエル、ラファエル、ウリエル、ラグエル、ザドキエルらが名を連ねる。ヨエル(イエス・キリスト?)は別格扱いとして除外。ルシフェル、サマエルは堕天により除名とみなす。メタトロン、サンダルフォン(セラフィエル)、ラジエルらも候補とされるが、彼らは七大天使と同等以上の役職である 記録天使 に名を連ねており、このサイトではそちらを採用する。

※七大天使の構成は、教派や聖典によって異なるが、ミカエル、ガブリエル、ラファエル、ウリエルの四大天使(ウリエルについては異論もある)に三体の天使を加えたものが基本。
  • 『エノク書』 - ラグエル、ゼラキエル(サリエル)、レミエル(ラミエル)
  • 『ディオニュシオス文書』 - カマエル、ヨフィエル、ザドキエル
  • 教皇グレゴリウス1世時代のカトリック教会 - サマエル、オリフィエル、ザカリエル(※さらにウリエルがアナエルと入れ替わることがある。 創造の天使 と一致する。)
  • 東方正教会 - セラフィエル、イェグディエル、バラキエル(※さらに「イェレミエル」(ウリエルと同体とされることもある)を加えて八大天使とすることもある)
  • コプト正教会 - スリエル(サリエル)、サラティエル、ザダキエル(※さらにウリエルがアニエルと入れ替わる)
 その他の聖典などではメタトロン、サンダルフォン、ラジエルといった全く別の天使が入ることもある。

 また、東方正教会の七大天使が各曜日に当てられることがある(ミカエル(日曜)、ガブリエル(月曜)、ラファエル(火曜)、ウリエル(水曜)、セアルティエル(木曜)、イェグディエル(金曜)、バラキエル(土曜))。それに倣いオカルトでは太陽と月を含めた太陽系の各惑星に七大天使を当てる場合があるが、どの星にどの天使を当てるのかは処々により一定していない。


七つの大罪

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|