※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ネクロノミコン

ネクロノミコンとは

 アラビア人「アブドル・アルハズラット」(アブドゥル・アルハザードや、アブド・アル=アズラットと記される場合もある)が著わしたとされる架空の魔道書。複雑多岐にわたる魔道の奥義が記されているとされ、それ故か魔道書そのものに邪悪な生命が宿ることもあるという。

ネクロノミコンの歴史

 以下はラヴクラフトが記した資料「ネクロノミコンの歴史」の中で言及されている来歴であり、多くの作品中で事実として踏襲されている歴史である。

0730年 アブドル・アルハズラットにより、アラビア語の原書「アル・アジフ」が書かれる。
0950年 コンスタンティノープル(ビザンティウム)のテオドラス・フィレタス(テオドールス・ピレータース)により、「ネクロノミコン」の表題でギリシャ語に翻訳される。
1050年 総主教ミカエルにより、焚書処分にされる。
1228年 オラウス・ウォルミウスにより、ギリシャ語版をもとにラテン語に翻訳される。
1232年 教皇グレゴリウス9世により、ギリシャ語版・ラテン語版ともに出版が禁止される。
14xx年頃 ドイツでゴシック体版が刊行される。
1500~1550年頃 イタリアでギリシャ語版が出版される。
1560~1608年頃 ジョン・ディーにより、ラテン語版をもとに英語に翻訳される。なお「ダニッチの怪」での描写によれば英語版は製本されず、後に不完全な写本が散逸したとされる。
16xx年頃 ラテン語版をもとにスペイン語に翻訳される。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|