5.災害現場のQ&A


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Q1 オウム返しされたりして、何(食料など)が欲しいのかわからない
A1 実物を見せて、聞いてみる。

Q2 どうすれば指示が伝わるのか
A2 座布団・椅子を見せて身振り手振りで「座ってね」と示してみる。絵などを見せると分かりやすい。
動作ごとに言葉を区切って伝えると分かりやすい人も。

Q3 何度も同じ質問をする
A3 不安の現れの可能性も。何度でも聞くことが不安を取り除く。状況を推測して聞いてみるのもよい。
同じ質問を返してあげると、答えを言ったり、質問を止めることも。

Q4 急に耳をふさいで騒いだ
A4 その音が苦手かもしれない。静かな場所へ移動させ、様子をみる。刺激を遮断する手段(耳栓など)をとるのもよい。

Q5 お腹が空いてるので、食べ物を食べない。
A5 その食べ物が苦手な可能性も。決してわがままではないので、別な食べ物を与えることを理解して欲しい。

Q6 避難所でテレビみたいと騒ぐ
A6 見れない事を伝える。興味を惹く物を渡す。

Q7 はしゃぎ方が強い
A7 疲れや慣れていないので興奮も。体調不良(発熱・てんかん)の前兆もあるのでよく観察する。

Q8 包帯をすぐ取る
A8 化膿しないように十分消毒し、様子見。適宜消毒を。

Q9 処方薬がなくなる
A9 医療スタッフを探すか最寄りの病院に問い合わせ。「サポートブック」「緊急連絡カード」に処方箋などの記載があることも。
薬が無くなる前に相談を

Q10 「学校行く」と騒ぐ
A10 学校などの再開の日が分かれば、カレンダーを見せて説明。学校の被害を見せて、納得してもらう。ただし時間がかかることも。

Q11 避難所生活の長さで本人も家族もストレス。
A11 カウンセラーや主治医に相談。屋外で体を動かすことも良い。それを毎日の日課にするとよい。