第1部 -前編-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第1部 -前編-


音楽シミュレーションゲームのプレイヤー、通称音ゲーマー
その中の女性音ゲーマーの一人、いおん
彼女も音ゲーに魅了され、ゲームセンターへと足を運ぶ日を続けている

いおん「ひゃっほー!これはRTするしかねえぜ!」

「ツイッター」というものをご存じだろうか
そう、様々な人に多く利用されているあのツイッターだ
いおんもその利用者の一人

いおん「フンフンフーン♪」カチャカチャ

いおん「仕事忙しいけど、やっぱり音ゲー最高だね!」

いおんのフォローユーザーも音ゲーマーが多い
毎日音ゲー談をツイッター上でしている

いおん「もうこんな時間かぁ、明日も早いし寝ようかなぁ」

いおんの職場は秋葉原にある
ゲーマーなら誰もが職場に選びたい場所だろう
そんな最高の環境でいおんは働いている

いおん「今日も仕事…なんか面白いことないかなぁ」

(ないよね…でも刺激が欲しい!)

上司「いおんくん、これ頼めるかな?」

いおん「あ、はい、分かりましたー」

仕事を淡々と片付ける、それでもツイッターは欠かさない

いおん「(面白いツイートないかなぁ、あ!これ面白い!RTしよ!)」

こういったことの繰り返しだ
不満?ないと言ったら嘘になるのではないだろうか

いおん「お疲れ様でしたー」

上司「はーいお疲れー」

いおん「(週末だし、レジャラン行こう!)」

秋葉原の代表的なゲームセンターだ、様々な機種が揃えてあり
幅広い音ゲーマーが利用している場だ

いおん「よーし、あとちょっとで緑になるし頑張る!」

ギタドラXGだ、お世辞にもうまいとは言えないが
いおんはフォロワーのアドバイス等をもらい
自身のスキルを順調に上げている

いおん「えっと、なんの曲が稼ぎなんだっけ…」

【@******* @ion_siraza 新曲枠の版権とか提供曲がいいんじゃないですか】

いおん「なるほー、どうしようかなー、でもEXP譜面はできそうにないし…」

嘘 REG
My SunShine REG

いおん「これくらいならもう普通にできるね!S出るよ!」

いおん「3曲目どうしよう…A出せばEXだよね」

Shake and Shout!! REG

いおん「ちょっとむずいかも…ギリギリAかぁ…でもEXだよ!」

さよなら僕自身 REG

いおん「やっぱこれだよねうん、PONまじPON」

STAGE FAILED

いおん「むずいよ!無理だよ!いおんのばーか!」

最高クリア難易度 5.00
最高フルコンボ難易度 2.65
最高エクセレント難易度 -
スキルポイント 2923.79 +11.30
全曲スキルポイント 4519.62 +73.21

いおん「こんなもんだよね、もう一頑張り!」

今日もこうして仕事帰りのゲーセンを後にする

いおん「ただいまー」

いおん「あーお腹すいた。今日の晩御飯はこれだよ!」

スーパーで買った惣菜を机に並べ、PC前に腰を下ろす

いおん「久々にフォローしてみよっかなぁ」

いおん「あ、フォロワー増えてる!やったね!家族が増えるよ!」

@t_ya21

いおん「えーっと…てぃーやさん?でいいのかなぁ、フォロー返し安定!」

@t_ya21 フォローありがとうございます!いおんです!よろしくです!

いおん「これでおっけー!」

(どんな人なのかぁ…)

フォロワーが増え、意気揚々とするいおん
果たしてどんなフォロワーなのだろうか、それを知るのは時間の問題だった

いおん「こいつぁみなぎるぜー!」

どうやらまた何かイベントが発生したようだ

いおん「秋葉でオフ会とか行くしかないよねー、しかも仕事休み!」

フォロワー同士で集まって遊ぶ。そう、オフ会の企画が挙がったようだ

いおん「余裕で参加だよね、うんまじ余裕で 参加者とかどうなってんだろ…」

@***_**** @****** @t_ya21 @****_** @*************

いおん「あ、この人この前フォローしてくれた人だ!」

いおん「どんな人か気になってたんだよねー、こんなに早く会えるとはおもわなんだ!」

(最初は凄い戸惑ったんだ、何もかもが初めてのことだし
ツイッターでこんな関係の人が現れるなんて全然考えたことなかったんだよ?)

いおん「待ちに待ったオフ会だよ!きゃっほー!」

@××「あ、今日はよろしくお願いします。」

いおん「こちらこそー!」

@○○「よし、早速セッションだ」

いおん「ドラムしかできません!しかも下手くそ!」

@t_ya21「誰でも最初は下手ですよww」

いおん「私結構やってるんですけど、それでも…」

@t_ya21「色々と教えてあげましょうか?」

いおん「いいんですか?!お願いします!」

(思えばこれが始まりだったのかなぁ…凄く優しくしてくれて
音ゲーも全然うまくいかないのに、ずっと励ましてくれたんだ)

@××「お疲れっした!てぃーやさんドラムうますぎっすよwww」

@t_ya21「そんなことないですよww」

@○○「注目されながらフルコンするなんてランカーを見た気がした…」

@t_ya21「まぐれですからwww」

いおん「えーあれまぐれなんですかwwすごい余裕だったじゃないですかww」

@t_ya21「いやいやwwまじ必死もんwww」

(みんなに注目されてて凄かったなぁ、憧れっていうのかな?
なんか特別な気持ちになれたんだ)

@××「それじゃまた機会があれば集まりましょう!」

いおん「ですね!」

@t_ya21「その時が楽しみですねー」

@○○「なぁに、明日でもいいんだぜ?」

@××「それはねえよwwwwww」

@○○「ですよねーwww」

こうしてオフ会は終了し、各自解散した

いおん「(楽しかったなぁ、あっという間に終わっちゃった)」

いおん「あの人にはまた会いたいな!てぃーやさん!」

@t_ya21 @ion_siraza 今日はお疲れ様でした!ドラム上達できそうですか?

@ion_siraza @t_ya21 お疲れ様です!教えていただいた通りにできればなんとかってところです…

@t_ya21 @ion_siraza 大丈夫ですよww練習あるのみです!

@ion_siraza @t_ya21 ありがとう!頑張ります!

いおん「いい人だなぁ、もっとお近づきにぃぃぃ!」

@t_ya21 @ion_siraza ファイトです!仕事あるんで俺はそろそろ寝ますねw

@ion_siraza @t_ya21 お仕事頑張ってください!おやすみなさい!

いおん「てぃーやさんも社会人かぁ、会う機会少なさそうだなぁ…」

お互い社会人であり、休日も合うか分からない
そんなところに不安をあらわにするいおん
しかし、そんな不安はものの1日でかき消されていった

いおん「おはよー…眠い…」

@ion_siraza おはようございます!いおんです!今日からまた仕事…

いおん「いってきまーす」

@t_ya21 @ion_siraza おはようです(`・ω・´)

いおん「おはようリプktkr!」

@ion_siraza @t_ya21 おはありです!

いおん「いいよね、うん」

@t_ya21 @ion_siraza 職場って秋葉に近いんですか?

いおん「近いって言うか秋葉だしww」

@ion_siraza @t_ya21 職場が秋葉なんですよ!

@t_ya21 @ion_siraza そうだったんですかw通りで地理に詳しいと思いましたよww

いおん「そういえばほとんど私が案内してたっけ…」

@ion_siraza @t_ya21 秋葉のことならお任せあれ!

@t_ya21 @ion_siraza かく言う俺も秋葉の辺りなんですけどねww

いおん「!?…え、え?」

@ion_siraza @t_ya21 そ、それってまじなんですかああああ

@t_ya21 @ion_siraza まじだよ!

いおん「テンションあがってきたああああああ」

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

てぃーや「いおんさんも秋葉なのか…」

てぃーや「…なんだこのやりきれない想い」

てぃーや「恋…?いやいや、これはそうじゃないだろ」

(それまではな、でも気持ちって大事じゃん?
最初は複雑だったんだ、自分の気持ちに中々気付けずにいて
考えれば考えるほど、時間が経てば経つほど、混乱してきてさ…)

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

いおん「てぃーやさんと同じ職場ならなぁ、なんて我儘言ってらんないよね」

@ion_siraza もうちょっとで仕事片付くよ!

いおん「頑張れ私!帰りはギタドラ!」

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

てぃーや「いおんさん仕事はええwww俺まだまだだわ…」

@t_ya21 @ion_siraza 仕事早すぎですよww俺なんてまだまだなのにww

@ion_siraza @t_ya21 今日はゲーセン行くために頑張りましたよ!

@t_ya21 @ion_siraza ゲーセン行くんすか!よろしければご一緒したいなぁ|ω・`)

@ion_siraza @t_ya21 全然おっけーですよ!むしろ大歓迎!!

てぃーや「全 力 で 仕 事 終 わ ら せ る」

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

いおん「てぃーやさんとゲーセンだよ!wktkが止まらないぜ…ビクンビクン」

てぃーや「お待たせー!」

いおん「あ、どうも!今来たとこですよーw」

てぃーや「仕事が中々片付かなくてwwこれでもかなり頑張った方ww」

いおん「そうなんですかwいつもどれくらいに終わるんですか?」

てぃーや「んー、早くてもあと30分後くらい?」

いおん「滅茶苦茶頑張ったじゃないですかw」

てぃーや「ほら、やっぱりゲーセンいくなら、ね?w」

いおん「ですよねーww」

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

てぃーや「この曲の黄譜面なんかいいんじゃない?」クリーンクリーン

いおん「難易度高い!」

てぃーや「練習になるんだなこれがw」

64.71%

いおん「うわああああああ」

てぃーや「ちょっとハードル高かったかな…んじゃ次は…」ほしふり

81.27%

いおん「楽しい!超良譜面!」

てぃーや「よしその調子で!」On top of the world

72.49%

いおん「あらやだいい曲」

てぃーや「うまくなってるじゃないww」

いおん「てぃーやくんのおかげだよーw」

THANK YOU FOR PLAYING !

いおん「てぃーやくんの見てたい!」

てぃーや「え、まじかwwんじゃ1クレだけやろうかなw」

\暗証番号が間違っています/

てぃーや「はいまたやったー」

いおん「wwww」

てぃーや「さーて、何にしようかなー」

いおん「ワクワク」

てぃーや「チラッ」

いおん「!?」

てぃーや「wwww」

いおん「何で笑うのwww」

てぃーや「いやwなんかねwww」

いおん「あ、んじゃあれ!」

てぃーや「ん、どれ?」

いおん「あれ!あれ!」さよなら僕自身

てぃーや「お、さよなら僕自身かー、いいセンス!」

いおん「でしょでしょ!」

\サヨナラボクジシン/

83.96%

てぃーや「こんなもんかなー」

いおん「すげええええええええええ」

てぃーや「今日は調子よかったww」

いおん「次これ!」Chronos

てぃーや「神曲!」

81.35%

てぃーや「ギリギリ?」

いおん「Oh...」

てぃーや「難易度のわりにむずいよねこれ…」

いおん「んじゃこれ!」Before Daybreak

てぃーや「これはww黄でいい?www」

いおん「てか黄譜面見てみたいwww」

てぃーや「把握ww」

\Full Combo!!/

96.41%

いおん「( ゚д゚ )」

てぃーや「なんかgdgdになった…w」

いおん「ナンデソンナニウマインデスカ」

てぃーや「筐体に貢げばいいんじゃない?ww」

いおん「やっぱり金なのか!」

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

てぃーや「時間はまだ大丈夫?」

いおん「無問題!」

てぃーや「せっかくだし、飲みに行っちゃう?w」

いおん「おー!いいねいいね!」

てぃーや「んじゃいこっか!」

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

てぃーや「音ゲーの後の一杯は最高だね!」

いおん「嫌なこと忘れるよね!」

てぃーや「音ゲーはドラムだけなの?」

いおん「他にもちょいちょいやるけど、基本ドラムかなぁ」

てぃーや「へぇ~、俺もそんな感じかなーギタドラばかりだよ」

いおん「気が合いそうだね!」

てぃーや「そうだねーww」


仕事の疲れを癒し、2人は一夜を共にした。
こうしている間にも2人の距離が縮まっていることはまだ誰も知らなかった


~あなたの会うその人は きっと寂しい想いなど させはしない これまでも これからも~