※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

INDEX:放射線リスク

作成 13.05.28 放射線リスクについてまとめていきます。
「リスク」タグが付いているページ

放射線リスクに関する誤解

100mSv以下の影響がわからないという誤解
放射線の人体への影響は 100mSv以下では 影響が小さすぎて見えない のであり、「わからない」のではない。

デマを検証:【ペトカウ効果=低線量のほうが人体に与える影響が大きい】というのは誤解
あたかも「低線量でも危ない」と誤解されている原因の一つが肥田舜太郎医師が持ち出す「ベトカウ効果」。
このベトカウ効果についての研究は、短時間によるマウスへの放射線照射であり 放射線防護でいう低線量ではありません。
http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/pages/177.html

低線量放射線の発がんリスクに関連する報道について
本年6月末に、米国科学アカデミー(NAS)および世界保健機関(WHO)から、低線量放射線の影響に関する報告・論文が相次いで発表され、新聞等で報道されるなど関心を集めています。当センターは、低線量放射線の生体への影響について研究を行っている立場から、これらの論文や新聞記事についてコメントさせていただきます。

LNT仮説

LNT仮説はリスク評価の仮説の一つ。 放射線の人体への影響は 100mSv以下では 影響が小さすぎて見えない ので、放射線防護のために、この仮説を用いる。
この他に、低線量被曝は健康によい(ホルミシス効果)もある。
http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/pages/292.html

放射能のリスクと、他のリスク>さまざまなリスクを比較する (GEPR)

http://www.gepr.org/ja/contents/20120416-03/
100 mSvの被ばくの相対リスク比が1.005

がんのリスクの大きさ
がんのリスク – 放射線、ダイオキシンと生活習慣
表参照

「放射線被ばくのリスクを正しく怖がる」
東京大学公共政策大学院 特任教授 諸葛 宗男