※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

福島の放射能リスク分析 2013年4月時点


書きかけです

甲状腺について

甲状腺検査:他県と福島県を比べても変わりがない。
現状のところ福島県が甲状腺ガンが増えるという予想はでていません。
くわしくはこちら>

甲状腺被曝量
チェルノブイリ事故の時には未就学児の大半の被曝量が甲状腺等価線量で1Sv(1000mSv)超が大半を占めました。中には10Svの子供も。
福島では牛乳の出荷停止措置が行われました。さらに調査によれば、甲状腺等価線量が最大で30mSvと推定されています。
この結果を比較すれば福島で甲状腺に関する被害が起こり得ないというレベルとなっています。
くわしくはこちら>

内部被曝(放射性セシウム)


福島県大規模内部被曝WBC調査
早野龍五氏らのグループによる論文が発表されました。
もちろん要観察ですが心配するレベルではありません。