※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

福島と他地域との甲状腺調査の比較


福島の甲状腺検査と比較できる他地域の検査結果はある。なぜか「福島で甲状腺の異常がみつかるはずだ」と思い込んでいる人が散見されるが、他地域の甲状腺検査と比較してみると「福島で異常がある」という結果は見つけられない。

福島県と青森、山梨、長崎3県の比較

しこりの割合本県低く 4県の子ども甲状腺検査 福島民報 2013/03/30
環境省は29日、東京電力福島第一原発事故に伴う福島県の甲状腺検査結果と比較するため青森、山梨、長崎3県で実施した甲状腺検査の詳細結果を発表した。6~18歳の各年代で小さなしこりなどがある「A2判定」(2次検査の必要なし)の割合はいずれも50%台後半で、40%台前半~50%台前半の福島県の方が低かった。

くわしくはこちら[青森・山梨・長崎の甲状腺調査結果は福島県と変わらなかった] http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/pages/267.html


東京との比較

東京での甲状腺検査3千人「福島の子どもの嚢胞は放射線の影響とは考えにくい」
東京の病院で約3千人に行った検査でも、同程度に嚢胞が見つかった。伊藤病院(東京)の岩久建志医師らが30日、日本甲状腺学会で発表した。専門家は「原発事故前のデータも含めて比較されており、福島の子どもの嚢胞は放射線の影響とは考えにくい」と話している。

神戸との比較

神戸での調査は小規模なもので単純に比較はできませんが、福島より神戸のほうがむしろ甲状腺の異常が覆いということは福島で発見された異常が放射線由来でない可能性が高いことになります。

Togetter:神戸での小児甲状腺コントロール調査について
http://togetter.com/li/413554
神戸の甲状腺調査結果を福島のものと比較しています。
+ (以下、Togetter作成者のコメント)

DrMagicianEARL氏のツイート
+ ...

根拠無く「怪しい」という人たち
かねてから私(管理人)が注意するべき人物としている二名も登場するTogetterまとめ。小杉中央クリニック 布施純郎氏とオペレーションコドモタチの横川圭希氏が登場しますが、この調査の比較について「印象操作」することしかできていません。
もし調査やその見解について問題があるなら具体的に指摘して説明するべきで、あたかも調査がおかしいような印象を流すのは、なんらかの意図があると思われてもしょうがありません。