※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「石岡市貸出の線量計が細工されてる!」と騒ぐ人たち。(もちろんデマ


デマの元になったメルマガを発信したのは「たんぽぽ舎」という反原発団体です。
http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/pages/236.html

線量計を分解した。という話がメルマガ→ブログ→Twitter

※たんぽぽ舎のメルマガに掲載された話ですが、分解したのは別の団体の人みたいです。

細工と校正の違いがわかっていなかった人が分解して(線量が高く表示されるように)いじって、それをブログに乗せて
「役所が線量を低くみせようとしてる!」って騒いでる人たち。

校正というのは、測定器の個体差を調整して正しい測定ができるようにすることです。この校正について知らないのか勝手に分解して線量を測っていることが上記のブログエントリーからわかります。

原発の存在を否定するときに線量が高いほうが都合が良いのかもしれません。が、当然ながら作為的に線量を高くなるように測定することは間違いです。

また東海アマがデマを拡散
茨城県で使われている役所配布の線量計には線量が低く出るように細工がしてあった!  http://togetter.com/li/447007

Togetter - たんぽぽ舎メルマガ内『線量計に細工 分解してみてわかった!』への反応
市民団体が貸出線量計の較正を細工と勘違いして狂わせちゃった件を『やっぱり細工されてた』と広めちゃう人達。

証拠のブログ(削除されたらしい)

指摘する人
https://twitter.com/rassvet/status/296100713837236225
「東海原発の廃炉を求める石岡市民の会 合田寅彦」なる人が市貸出の線量計を勝手に分解、設定を変更したことを嬉しそうに語っているので、茨城県石岡市の貸出線量計は早急に貸出を中止、メーカーで再校正したほうがいいと思いますよ。 > http://chikyuza.net/n/archives/30450


証拠:『たんぽぽ舎』からの2013年1月26日配信のメルマガ

『たんぽぽ舎』からの2013年1月26日配信のメルマガ
の紹介記事
『線量計に細工−− 分解してみてわかった! ほか たんぽぽ舎』
http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-11457349840.html
より引用

東海原発の廃炉を求める石岡市民の会 合田寅彦

 Aさんの線量計、Bさんの線量計、市役所から借りたC、Dの線量計をもとに
会員数人がそれぞれ手分けして測定するのですが、最近になって同じ場所を測定
していてそれぞれの線量計の数値にばらつきがあることに気づきました。いちば
ん高い数値が出るAさんの線量計以外の線量計にはおそらく基盤にカビでも付着
したのだろうと思い、B、C、Dの線量計を分解してみて驚きました。いずれも
センサーとおぼしきプレートの上に意味のないマジックの黒い線が引かれている
こと(計測にばらつきが出ることを想定してか)、それと線量計の先端の白くマ
ーキングしてある調整部分(ルーペでなければわからないが、4段階になってい
る)がいちばん低いところに合わされてあったのです。極小のドライバーで
時計周りにいちばん右に動かし、マジックの線をアルコールでふき取り、その上
で測定しなおしたところ、Aさんの線量計と同じ50パーセントほど高い数値に
なりました。これとは別に、地元の中学校で使っている線量計は、分解しても肝
心の調整部分のところが接着剤で固定して調べられないように細工が施されてい
ました。
 市が購入したC、Dの線量計はもとより、Bさんが購入した線量計にもこうし
た細工が施されているとしたら、メーカーが出荷にあたってなんらかの細工をす
るよう、どこか上の方からの指示があってはじめて出来ることではないかと思い
ます。被災地等で今も放射能を測定している方々、ご自分の使っている線量計が
正しい数値をカウントしているかどうか一度分解して調べてみてはいかがでしょ
う。