※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ECRR:欧州放射線リスク委員会


ECRRとは
1997年に結成された市民団体。結成の端緒は、欧州議会内の政党である欧州緑の党
http://ja.wikipedia.org/wiki/%e6%ac%a7%e5%b7%9e%e6%94%be%e5%b0%84%e7%b7%9a%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%af%e5%a7%94%e5%93%a1%e4%bc%9a

欧州放射線リスク委員会(European Committee on Radiation Risk, ECRR )は、ベルギーに本部を置く市民団体である。欧州評議会及び欧州議会、国際連合、各国の政府等とは関係を持たない 私的団体 である。


クリストファー・バズビー  問題人物が関わっている団体
一時期、反原発の人たちに持ち上げられていた人ですが、科学者として信頼できない行動が取りざたされ話題に上がらなくなりましたが、未だにECRRの主張を利用している人がいます。

はっきりいってトンデモ
クリストファー・バズビーが科学セクレタリーを務めているが、福島第一原子力発電所事故に関するバスビーの主張と彼が販売している「 抗放射線錠剤」について、非科学的であるとして厳しい批判 が寄せられている。


ECRRについての検証

ECRRと言う団体の主張バイアス、および一般論として論文発表の意味(検証必須)


低線量被ばくリスクについて、反原発派の今中氏でさえ批判してる

ECRRの低線量被曝リスク評価について、反原発派の今中哲二(京都大学)は、(中略)ECRR勧告への個人的感想として「セラフィールド小児白血病などのデータを内部被曝によって説明しようという問題提起は、仮説としては面白い」 「しかしながら、仮説を実証するデータはほとんど示されていないし、リスク評価手法全体に一貫性が認められない」 「ECRRのリスク評価は「ミソもクソも一緒」になっていて付き合いきれない」「ECRRに安易に乗っかると、なんでもかんでも「よく分からない内部被曝が原因」となってしまう」 と述べている[13][14]。


2011-07-19 イギリスの内部被曝調査委員会がクリス=バズビーをどう批判したのか



2011年3月19日 ECRRアドバイス・ノート:ECRR リスクモデルと福島からの放射線
クリス・バスビー:欧州放射線リスク委員会 科学委員長
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/nuclear/articles/110319_ECRR_Risk_Model.html

北スウェーデン地域でのガン発生率増加はチェルノブイリ事故が原因か?
マーチン・トンデル (リンショーピン大学病院、スウェーデン)
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/tyt2004/tondel.pdf

欧州放射線リスク委員会(ECRR): ECRR勧告2010 序文
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/nuclear/articles/ECRR_Recommendations_2010_Preface.html

欧州放射線リスク委員会(ECRR) 2009年5月6日 レスボス宣言
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/nuclear/articles/ECRR_Lesvos_Declaration_2009.html