ダイアログの良さ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



思考

対話(ダイアログ)では他人と話し言葉を中心に、各人の意識や保有している情報を交換し合う。他人の意見を尊重し、傾聴力を養い、自らの常識を問いてゼロクリア思考を呼び起こす。多様な意見を聞くことにより、絶対観で物事を考えるようになる。

普段考えないことや知らないことを知り、自己成長へと繋がっていく。他人の意見によって無意識に考えていたことが意識化され、それが多くの気づきとなっていく。その様に自己が拡張していく感覚を得られ、対話以外の場においても頭を使い考えることが多くなる。

言いたいことが言える安全な環境によって、自らも正直な気持ちを積極的に発言し、意識が内から外へと向かっていく。話を続けることで頭が整理できる。短い言葉で表現できるようになる。人の話を聞いて即座に発言し、共感したり気づきを得ることにより、脳の活性化や他者の考えを理解する力が増す。

仲間

対話の場に集まる人々は、他人を攻撃することなく仲間として受け入れあう。相互にパワーを感じ受け渡し、共創者として認め合っていく。方向性が一致しない場合も、異なる意見を持つものとして、自分の弱点を補い合うパートナーとして認知する。

対話の場ではテーマが決められていることが多く、それにより思いの共有ができ、色々な視座を与えてくれるメンバーに対して友好的な関係を導き出す。普段自分が持っていた疑問を解消したり、逆に自分の言葉が相手に対して効果的で感謝されることにより、お互いの存在価値を認め合っていく。

和の意識

お互いを認め合う、分かり合うといった日本人が古くから持つ価値観「和」を体感することが出来る。対話においては評価者とはならず、他人の意見に対しても自分ごとのように共感していく。お互いを尊重しあうことで、否定的なことは出にくくなり、話がしやすい環境を作り出す。自分と他人の良いところを引き出すことを無意識に行っている。

対話では一つの意見に集約することが目的ではなく、多くの意見を出し合い一度発散させるため、和の広がりが生み出される。特定の人が決めたものに従うのではなく、自然的に全体調和が取れていく状態を作り出す。

個の尊重

全ての人が同等な立場で参加し、肩書きや役職を外した個として参加できる場である。損得勘定や利害関係がないため、根回しといったことは不要であり、ダイレクトに意見を伝え合うことができる。想いを素直に発し、本音ベースでの話を可能とする。

社会生活において、マイノリティ意見は弾かれることが多いが、対話の場では貴重な意見として取り扱われ、それにより個性が出しやすい環境を作り出す。人との違いがマイナスではなく大切なことであると感じられ、個が尊重されていく。

人中心

対話の主役は人である。人と人とが面と向かって話をし、お互いに素の自分を出し合う。子供のように直感的な思いつきを題材と、心からの笑いが生まれる。人間本来の姿を見ることができる。立場が対等であることから、強者や弱者といった区分けは無く、参加者全員が思いのままに話し合うことができる。

とかく社会に生きる上では、組織のルールにしたがって言動や思想をコントロールすることが多いが、対話の場では自分自身が思っていることを素直に話すことができ、何かに操られている感覚がなくなる。

偶発性

対話では事前に決められた答えはなく、話をする中で新たなものを生み出していく。設計図の無いレゴブロック作りのようなものである。そこには偶発性によって新たな発想やアイデアが出る。

多様な人材を招き入れることにより化学反応が起こり、個や同質的な人の集まりでは起こりえないような発言が生まれる。さらにそこにアイデアが乗せられ、独創的な考えが発生する。













ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。