毎日新聞


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

3月13日(日)朝刊
一面頭
「福島原発で爆発」 「国内初の炉心融溶」「1号機半径20㌔避難指示」、官房長官「格納容器損傷なし」

3月13日(日)号外
一面頭
「被ばく住民22人に」 「160人に拡大も」「3号機も冷却困難に」

3月14日(月)朝刊
一面頭

「放射性物質県外に」

「3号機も爆発可能性」

3月14日(月)夕刊
一面頭
「福島第1原発また爆発」 「3号機建屋吹き飛ぶ」「6人けが 住民屋内退避指示」

3月14日(月)夕刊
一面頭
「福島第1原発また爆発」 「3号機建屋吹き飛ぶ」「6人けが 住民屋内退避指示」

3月15日(火)朝刊
一面頭
「福島第1 2号機 空だき状態繰り返す」 「炉内圧力上昇 注水が難航」

3月15日(火)夕刊
一面頭
「高濃度放射能漏れ」 「4号機で水素爆発」「2号機格納容器損傷か」「20~30㌔圏屋内退避指示」

3月16日(水)朝刊
一面肩
「放射線 関東7~110倍」 「健康 影響せず」

3月16日(水)夕刊
一面頭
「3号機から白煙」 「放射性水蒸気放出」「4号機、再び出火」「格納容器損傷か」

「福島・浪江町300マイクロシーベルト」

「放射線量 年間限度の2000倍超」