※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東日本大震災によって亡くなったペットと飼い主を繋ぐ心のケアーボランティア

【TOPページ】


東日本大震災により被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。

2011年3月11日東日本大震災で、家庭で飼われていたペット達も沢山亡くなりました。地震が原因で亡くなったペット達の飼い主さんの心の声を、虹の橋で待っているペット達にお伝えするボランティア活動を致します。


アニマルコミュニケーションのボランティアは、2011年3月11日の東日本大震災での地震及び津波が原因で亡くなった、家庭で飼われていたペットに限らせて頂きます。




アニマルコミュニケーションというツールを使い、地震や津波が原因となり、意図せず別れ別れになった飼い主さんとペット達の悲しみを埋めるお手伝いをしたいと思います。

(心のボランティアですが、宗教とは一切関係ありません。
ご利用後に勧誘とか一切御座いませんので、安心してご利用下さい。)
2011年3月11日の東日本大震災での、地震及び津波が原因で亡くなったペットちゃん達の声と飼い主さんの声を繋ぐ、アニマルコミュニケーション・ボランティア活動です。

アイナチュラルガイド・スクール
代表:金井 喜代子 (猫ピカイア) 

有志 一同
ホームページ
お気楽ホリステックケアー猫BBS




アニマルコミュニケーションとは


アニマルコミュニケーションはペットと会話する技術です。
でも、ペットちゃん達はアニメやマンガのように、言葉だけでお話するのではなく、感情や感覚も含めて気持ちを送ってきます。
アニマルコミュニケーションは、人とペット達の心と心を繋ぐハートフルな会話になります。

大きな災害で亡くなったペット達はどうしているのか?とご心配なされている飼い主さんが多いと思います。

心と心でお話しするハートフルな方法のアニマルコミュニケーションで、亡くなったペットと会話する事ができますので、私達も精一杯の努力をさせて頂きます。

ペットロスに苦しんでらっしゃる飼い主さんにも少しでも安らかなお心を取り戻して頂けたらと思います。


アニマルコミュニケーションで出来る事

飼い主さんの言葉を亡くなったペットちゃんに伝える事が出来ます。また、ペットちゃんから飼い主さんへのメッセージもお伝え致します。

アニマルコミュニケーションのボランティアは、2011年3月11日の東日本大震災での地震及び津波が原因で亡くなった、家庭で飼われていたペットに限らせて頂きます。


お申し込みの流れ

アニマルコミュニケーションで受け取ったメッセージは、お申し込み時のメールアドレスに送らせて頂きます。

2週間前後のお時間は頂きますが、メールにて送らせて頂きます。

【ご利用の飼い主様へお願い】
虹の橋のアニマルコミュニケーションご利用後、
メッセージの内容で差し支えない部分のみ、または全文、ペットちゃんのお写真、ホームページで掲載させて頂けましたら、他の方々の励みにもなります。宜しくお願い致します。
掲載に際して、すべて匿名で掲載させて頂きます。個人を特定する情報は掲載致しません。


お申し込みはこちらからどうぞ



アニマルコミュニケーションのボランティアは、2011年3月11日の東日本大震災での地震及び津波が原因で亡くなった、家庭で飼われていたペットに限らせて頂きます。

ボランティア主旨に合わない、アニマルコミュニケーションのご依頼は、お断りする事もありますのでご了承下さい。


◆◇お申し込みは、送信フォームからお願い致します。◆◇


アニマルコミュニケーションのボランティアは、2011年3月11日の東日本大震災での地震及び津波が原因で亡くなった、家庭で飼われていたペットに限らせて頂きます。



【メールアドレスのご注意】
お申し込み後、自動返信メールが届きます。

携帯の場合 @gmail.com または
nijinohasinoanimalc☆(☆を@に変えてください。)gmail.com 
を携帯の受信登録をしてください。

自動返信メールが迷惑フォルダやゴミ箱に入っているかもしれません。
パソコンの場合、
nijinohasinoanimalc☆(☆を@に変えてください。)gmail.com 
を受信登録をしてください。

探してもない場合、ご記入頂いたメールアドレスが間違っている可能性があります。

その場合は、再度お申し込み下さい。


◆◇ペットちゃんからのお返事をメールでお知らせいたします。

◆◇アンケート書いて頂く、メールも送らせて頂きますので
どんなことでも良いので、お気づきになったことを
ご記入くださいますよう、お願い申し上げます。

アニマルコミュニケーションのボランティアは、2011年3月11日の東日本大震災での地震及び津波が原因で亡くなった、家庭で飼われていたペットに限らせて頂きます。


送信フォームに記載する内容


▼飼い主さんのお名前

▼ペットの種類:犬・猫・兎・フェレット・ハムスター・リス・鳥・家庭で飼われていた小動物。

▼ペットの名前

▼大体の年齢

▼性別

▼出来ればペットの写真を添付して下さい。
送信フォームに写真添付出来ます。
なるだけ携帯電話で撮った写真が送信しやすいです。

▼写真が有る無しに関わらず、特徴を書き込んでください。
※血統書がある場合の種類
※犬や猫の場合血統のあるミックスの場合は、その種類をおおよそでも良いので記載してください。
※猫の場合、長毛種か短毛種か
※毛の色
※体の大きさ
※体の特徴

▼ペットちゃんに聞きたいこと
2つぐらい

▼ペットちゃんに伝えたい事
2つぐらい

【メールアドレスのご注意】
お申し込み後、自動返信メールが届きます。

携帯の場合 @gmail.com または
nijinohasinoanimalc☆(☆を@に変えてください。)gmail.com 
を携帯の受信登録をしてください。

自動返信メールが迷惑フォルダやゴミ箱に入っているかもしれません。
パソコンの場合、nijinohasinoanimalc☆(☆を@に変えてください。)gmail.com 
を受信登録をしてください。

探してもない場合、ご記入頂いたメールアドレスが間違っている可能性があります。

その場合は、再度お申し込み下さい。

☆゚・*:.。. ☆゚・*:.。. ☆゚・*:.。. ☆゚・*:.。. ☆゚☆゚・*:.。. ☆゚・*:.。. ☆゚・*

【虹の橋】


第一部  虹の橋

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

この地上にいる誰かと愛し合っていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。

そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。

食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、

みんな暖かくて幸せなのです。



病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、

傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、

元のからだを取り戻すのです。

      • まるで過ぎた日の夢のように。


みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。

それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが

ここにいない寂しさのこと・・・。



動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。

でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。

その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。



突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。

速く、それは速く、飛ぶように。

あなたを見つけたのです。

あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。

そしてもう二度と離れたりはしないのです。



幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、

あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。

そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。

あなたの人生から長い間失われていたけれど、

その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。



それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。



+++++++++++++++++++++++++++++
+虹の橋の訳はこちらのサイト様から転載させて頂いています。
http://homepage2.nifty.com/AWS~dogs-cats/newpage50.html
どうぶつ福祉の会AWS
+++++++++++++++++++++++++++++








添付ファイル