因子分析


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 目的
    • 観測変数に対して影響する「何か」の構造を確認するために行うものとして、その何かを潜在変数(因子)と呼ぶ。
    • 因子と観測変数と間の構造を確認する。

  • 因子抽出方法
    • 最尤法(ML, Maximum Likelihood Method)
    • 一般化最小二乗法(GLS, Generalized Least Square Method)
    • 最小二乗法(Least Square Method)
    • 主因子法(Principal Factor Method)
    • その他


  • 解釈指標
    • 固有値(eigenvalue)が1以上
    • 適合度
    • 共通性(Communality)

  • 因子負荷量(factor loading)
    • -1 < FL < + 1
    • FL < |0.3| #因子が観測変数に対して影響をあたえる