永夜抄のシステム
得点アイテムの数でエクステンド、パワーは128で最大。
紅魔郷・妖々夢同様パワーがMAXになった際は弾消し効果があるのでボス戦なんかは被弾後にPアイテムを取るタイミングを調整すると、少し楽になります。
残機は最大9で、妖々夢と違ってクリア重視でも十分最終エクステンド(1100点)まで持っていけます。
永夜抄の特徴として決死結界というものがあります(後述)。
また、アイテムの上部回収は常時可能ですが、非フルパワー持は回収ラインより上で低速移動時のみしか回収出来ません。

得点について
妖々夢と同じく、スコア自体はクリアに無関係なので無視して良いです。
1UPアイテム以外だと、点アイテムの「数」にのみ依存してエクステンドが決まります。上部回収しようが下部で拾おうが同じ1点です。
6面道中さえしっかり回収すれば案外簡単に1100点まで持っていけます。

決死結界について
東方シリーズには喰らいボムという被弾後にボムを撃って被弾を取り消せるシステムが存在しますが、
永夜抄ではその喰らいボムが二種類存在します。
一つは通常の喰らいボム。具体的な数値は忘れましたが、永夜抄では被弾後8F以内くらい?(もう少し短いかも)にボムを発動すると
被弾を取り消してボムを撃てます。
もう一つが決死結界です。永夜抄独自のシステムで、喰らいボム受付時間の後10F程度?の決死結界受付時間があり、
この時にボムを撃つと決死結界という特殊な喰らいボムが撃てます。基本的に通常のボムよりも強いです。
決死結界の特徴として
「ボムを2個消費する(残ボム1個でも撃てますが、威力は弱くなります)」
「低速移動時では高速キャラの、高速移動時では低速キャラのボム(決死結界)が出る」
があります。
このため、安易に決死結界を撃ってしまうと(特に結界組は決死結界受付時間が非常に長いので被弾を見てからボムボタンを押しても間に合うほど)、
通常ボム一つでいいところを二つ消費してしまい、パターンが崩れたり、最終的にボムが無くなったりするので、ご利用は計画的に。

使い魔について
今作では敵が白い幽霊のようなものを纏っている事があると思います。そこからショット撃ってきたり。
これを使い魔といいます。
使い魔には、
「高速時(人間時)の自機はショットを当てて破壊することができるが、妖怪時(低速時)の自機はショットを当てられない」
「高速時の自機(※霊夢除く)は使い魔とぶつかると被弾するが、低速時の自機は使い魔とぶつからない」
「使い魔と自機が重なっていると使い魔は弾を出さない」
「使い魔(および使い魔を使役する敵)を撃破した時、使い魔の周りに小規模な弾消し判定が発生する」
という特徴があります。
敵の使い魔が難しい弾を吐き出してくる時は高速ショットやボムで使い魔を壊したり、
敵本体を使い魔が守って攻撃が通らないときは低速ショットで直接本体に攻撃したり、といった使い分けが攻略の鍵となります。

ラストスペルについて
各面クリア時に、規定の刻符ノルマ(Timeというスコア)を稼いでいると
ラストスペルというおまけスペルを敵が発動してきます。
ラストスペルではボムが使えないですが、被弾しても被弾には含まれないので、クリアには全く関係ありません。
出せたら気楽に挑戦してみてください!

おすすめの自機は?
結界組(紫&霊夢)
高速時の広範囲にホーミングできるショットは道中パターンの簡略化に役立ちますし、
低速時の前方集中ショットはボス戦で絶大な火力を発揮します。
敵の正面を取れなくても、(威力は高くはないですが)藍を貼り付けることで避けに専念しつつも、敵の体力を削ることも可能。
また、決死結界受付時間が異様に長いので、被弾音を聞いてから即ボムボタンを押して決死結界が間に合うため、あまり抱えません。
ボムは霊夢は高威力・長い無敵時間・高い弾消し性能と三拍子揃った優秀なボム。決めボム撃つならこっち。
ただし人間ボムなので使い魔が壊せる反面、使い魔が多い敵本体には直接攻撃しづらいという欠点も。
紫ボムは霊夢のように追尾性能のない固定弾道なので当てるのは難しいですが、きちんと境界を敵に重ねればダメージを稼ぐこともできます。
決死結界は霊夢のもの(紫=低速移動時に被弾して発動した決死結界)も紫のもの(霊夢=高速移動時に被弾して発動した決死結界)も
通常のボムより確かに性能は上がっているがわざわざ出すほどのものではないので、残ボムが1の時の保険程度に見ておくのが良いでしょう。

1面


2面
ボスのミスティアは、使い魔を出す通常攻撃はきちんと高速ショットで使い魔を消さないと弾が増えて難易度が上がるのできちんと壊すこと。
スペカは苦手なものがあれば1つくらいはボムで飛ばしてもらって構いません。しっかり引きつけて霊夢ボムを撃てばどれも1ボムで安定します。

3面
3面クリアまででボムを使いきって1死程度が前半の目標です。
道中では自機狙いを誘導しつつ上部回収・使い魔を撃破してしっかり弾消しをするのを意識しましょう。
慧音はスペカも通常も弾密度が高めなのでしっかりボムを撃ちましょう。抱えは禁物。
通常2は特に難度が高いので霊夢ボムで一気に使い魔を壊して丸裸にしてしまうが吉。
一枚はスペカを取っておくと収支が楽になります。
パターン例としては通常1取得→「エフェメラリティ137」に1ボム→「将門クライシス」取得→通常2に1ボム→「三種の神器 玉」に1ボム→「幻想天皇」取得目的で避ける(死んでも良い)
「幻想天皇」で死んでもボムを使いきって死んでいるので問題なし!

4面
道中は自機性能のお陰もあり、切り返しと硬い妖精への紫での撃ち込みさえしっかりしていれば、割と簡単に安定すると思います。
弾は原則自機狙いなので、とにかく片方にチョン避け→適当なところで切り返しの繰り返し。
欲を言うならある程度回収タイミングも覚えておけると良いです。
ボスの魔理沙はかなり強いです。人によっては優曇華院より強いと評する人もいます。ホントに4ボスかお前。
通常弾幕は軒並み密度が高いので原則ボムを撃ってもらって問題ないです。
スペカも難易度高めなので後述する一枚以外は原則決めボムで良いでしょう。
「スターダストレヴァリエ」は結界組なら当たり判定の小ささのお陰で、中央最下段にいる限り後ろからの星弾に当たりません。
なので中央最下段に位置取り、上から降ってくる星弾を左右に避けるだけで取得可能。
ちなみに魔理沙の星弾は、尖っているところには当たり判定がないので意外とめり込めます。
4面トータル(というか魔理沙)で2,3機くらいは落として問題ないです。ただしっかりボムは撃ち切るように!

5面
道中は出現を覚え紫で速攻。自機狙い米弾はチョン避けでOK。
中ボスてゐは1UPを落とすのでボムを使おうが被弾しようが構わないくらいの心持ちで。
ボスの優曇華院は覚える弾幕が多い(=覚えれば楽になる)ので、練習しておきましょう。
また優曇華院の特徴として「幻視時の弾は当たり判定を持たない」というのがあるので、基本的に優曇華院のスペカは
「幻視まで同じ隙間で粘る→幻視時に前に出る→弾と一緒に移動」の繰り返しで攻略できます。
中でも取得したいのが「赤眼催眠(マインドシェイカー)」で
隙間に入って後ろに下がるの繰り返しで取得出来ます。慣れれば簡単。
「生神停止(アイドリングウェーブ)」は最下段中央が最初の一波は安置になるので一波目はそこで避け、
二波目が来る前に画面中央まで移動し、ギリギリまで引きつけて紫ボムで、1ボムで抜けることが可能。

6面A(永琳)
開幕はチョン避け。
その後は稼ぎどころなのでしっかり回収すること。
中ボス永琳通常はチョン避け。無理ならボム。
「壺中の天地」は難しいのでボム。
ボスまでに3機持ち込みたい。それくらいがおそらくギリギリのライン。
永琳あんまり詳しくないので分かる人追記お願い…

6面B(輝夜)
開幕どんなんだっけ…
Aルート同様稼ぎどころなので1100エクステンドのためにもしっかり回収。
永琳は省略。
原則スペカは真面目に取ろうとしてはいけません。
ただ「火鼠の皮衣」は切り返しさえ出来れば割と簡単なので練習しておくといいでしょう。
通常はいくつか難度が低いものもあるので、ボム節約するならこちらが先決。

クリア重視リプレイ


名前:
コメント: