高橋巌


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ご自分のHP・ブログではっきりと反原発・脱原発を表明されてます。


 また、坂本龍一氏らと“脱原発社会を創る30人の提言”(コモンズ社出版)も書いてますね。


 ********************

 【2011年06月07日更新!ぜひご一読ください!】
   “人類と原子力は共存できない!一刻も早く、全ての原発と核施設を廃絶し、原発が
   なくても生きていける社会と地域づくりのため、全ての英知を結集すべき。”
http://www.geocities.jp/tiikikeizairon/zemisitushoukai/zemisitu1.html

 2011年3月11日以前から、当研究室では原子力発電の構造的・社会的問題を指摘するととも
に、有機農業やリサイクル・システムの確立などに取り組んできましたが、同日に発生した東
日本大震災と、それが引き金となった未曾有の人災にして世界最大規模になりつつある「東京
電力原発事故」は、それまでの私たちの全ての在りようを一変させる情況になっています。
 東京電力・国により「早期に収束する」と喧伝された原発事故は、収束するどころか、3か
月経った今日なお、環境への放射能放出が停止されず、深刻な海洋汚染のほか、数100キロ離
れた関東でも大地や空気や水が汚染されるなど、私たちはいつまで続くか分からない恐怖に曝
され続けています。
 人類史上かつてないこの放射能災害は、農林漁業へも甚大な被害を与えつつあり、放射能に
よる農林水産物汚染と「食」への不安も拡大しています。
 今回の事故により、原発がわずか数時間の停電だけで、大事故と地球規模の放射能汚染を引
き起こす危険きわまりない実態を曝してしまいましたが、原発のこうした危険性は各方面から
指摘されていたもので、断じて「想定外」の事故ではありません。
 しかも原発は、通常時でも廃炉のコストや、数万年という天文学的長期間にわたる放射性廃
棄物の「保管」問題等々、人類が全く解決できない問題を抱えます。何より、膨大に生まれる
被曝労働者とその非人間的な労働実態は、下請け労働者に低賃金と健康破壊を強制する、重層
的差別構造に支えられています。
 さらに原発は、その出自からして、「核武装」を究極の目標とした軍事的装置です。事実日
本は、原発の運転により生成される核兵器の原料・プルトニウムを大量に保有し、各国から核
拡散が懸念されているのです。
 現在、原発周辺の住民は、猛烈な被曝を余儀なくされた上に、長期間自分の家に帰ることも
許されず、農地は耕すことを禁じられ、置き去りにされた多くの家畜・動物たちは餓死を強制
されました。このような「人災」による悲劇を前にして、私たちは、この事故を決して「天災」
「天命」のように受け取るべきではなく、この事態を招いた全ての原発推進派の責任は、最後
まで問い続けられなくてはなりません。
 当面、水力・火力発電の稼働率向上により原発がなくても電気は停まらず、再生可能な自然
エネルギーのベストミックスによる中長期的なエネルギー転換方策等も、多くの論者により論
証されつつあります。
 私たち人類と悪魔の装置・原子力は共存できないのです。一刻も早く、全ての原発と核施設
を廃絶し、原発がなくても生きていける社会と地域づくりのため、全ての英知を結集すべきで
す。
 さらに、原発と並び大きな環境破壊、すなわち戦争や国際紛争、核兵器なども、極めて憂慮
される事態です。近年、あたかもSFで描かれるようなこうした大きな危機が、極めて現実味
を帯びてきてしまっていることは残念であり、座視を許されない危険なことです。

 ※初学者のために(2)/環境問題など。。京都大学の小出先生の以下のインタビュー・リ
ンクなどを参照してください。
 [クリック1/環境問題と脱原発の必要性]
 [クリック2/山口県・上関原発の問題点]
 [クリック3/原子力発電が地球温暖化を解決するって本当?]


 ☆私(教員)の原発に関する小論は以下にもあります☆
http://blogs.yahoo.co.jp/iwashizemi/52104638.html

 ☆なぜ原発の問題を以前から指摘し、原発に反対するのか。。情報・論考は、上記赤字部
  分のHP、及びこのブログの「研究・フィールド活動」の書庫にあります☆

 *****************

 学生連れて、上関原発反対の拠点・祝島にも行っているようですね。




ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。