東北関東大震災(原ノ町・福島県原発情報)・被災者支援情報

放射線の基礎知識


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

放射線の基礎知識(内部被爆の脅威:ちくま新書 より)

放射線の種類

放射線を出す物質を放射性物質と言います。また放射線を出す能力を放射能と言います。
放射線は放射能を持つ原子核から放出されます。
代表的な放射線と特徴は次の通りです。
①α線:空気中で45ミリメートル、体内で0.04ミリメートルしか飛ばない。
    物質との相互作用が強く貫通力が弱い。内部被爆時の影響が大きくなる。
②β線:空気中で1メートル、体内で1センチメートル飛ぶ。
③γ線:エネルギーの大きいx線の一種で、物質との相互作用が小さく、貫通力が強い。
    外部被爆の影響が大きい。
④x線:

放射線は物質を構成する原子の電子を吹き飛ばし(これを電離と言います)、物質そのものを性質を変えてしまう。電離は我々の体を構成する分子に作用するとDNAを破壊することになる。
放射線の体内組織への影響は、放射性物質が沈着し易い臓器(臓器親和性と言う)や、その臓器の細胞分裂(代謝)速度により異なる。大人より子供への影響が大きい理由は、子供の方が代謝が活発なためである。

放射性物質の体内での活動

フリーラジカル化
放射性物質が酸素の溶け込んだ大気の中で酸素分子に衝突し、電気を帯びた毒性の強い活性酸素を作りだすこと。電気を帯びた活性酸素は細胞膜を破壊し癌細胞を生成する。
一般的にフリーラジカルが多いほど、お互いにぶつかり合い元の普通の酸素に戻って非活性化し細胞膜を破壊し難くなる。言い換えると、低線量の放射線は少数のフリーラジカルしか作らないので、夫々が十分に活性化された力で細胞膜を破壊し障害を与える事になる。


放射能の影響に対する見解

①ペトカウ理論・・低線量の被爆を長期に渡って受ける方が、高線量の被爆を短期にうけるより影響が大きい。(当然、高線量を短期にあびる場合みは、ある一定以上の線量の場合は、ほぼ死にいたります)
②ホルミシス効果・・低線量放射線であれば、人体に悪影響を与えるどころか、かえって有益という考え方。

臓器親和性

  • ストロンチウム:骨
  • セシウム:骨、腎臓、肝臓、肺、筋肉
  • ヨウ素:甲状腺


放射線の単位

①ベクレル:放射線を出す激しさを表す単位(1秒間に出る放射線の数)
②グレイ:放射線の強さを表す単位(放射線が物質に衝突した際のエネルギー)
③シーベルト:被爆をはかる単位(放射線の種類により異なる影響を考慮した単位)


人工放射性物質の誕生

人類にとって未知の可能性を持つ放射性物質が初めて人工的に作られたのは、1941年カリフォルニア大学の研究室だった。天然ウランを核反応させることで途方もないエネルギーをもつプルトニウムの存在に気づいた米国は、そのエネルギーを兵器にするために莫大な予算をかけて実験を開始した。これが所謂
米国マンハッタン計画である。
(プルトニウムの名前の由来・・・破壊の大王を意味する冥王星(Pluto)にちなんで名付けられた)

この計画の結末は、広島(ウラン型)、長崎(プルトニウム型)核爆弾に帰結する。
当初から放射線の人体への影響を把握していた米国当局は日本で人体実験し、その影響を整理してこなかった。

米国は、その後もハンフォードで引き続きプルトニウムを製造し続けたが、結果としてスリーマイル島事故の1万倍に相当する放射性物質を放出していたことが判った。
ハンフォード周辺の人々は甲状腺障害、流産が多発し、障害をもった子供が急増した。

被爆者に対する差別

広島、長崎への原爆投下により被爆した人たちは、生命保険への加入を拒否されたり、結婚・就学・就職などで差別されることがあった。


福島県南相馬市で開催された放射能の影響に関する資料
放射能の影響
放射線による健康影響に関する説明会資料

チャイナシンドローム

東電は直ちに行程表の見直しを!1、2、3号機すべてメルトダウンとなれば格納容器には穴が空いている可能性が大きく、炉心冷却は汚染水垂れ流すだけだ。
福島第一原発事故:小出裕章 2011.5.25

東京など首都圏で低線量被曝の症状が子どもたちにおきているという情報

東葛地区でとくに最近、喉の痛みや、リンパの異常などを訴える子どもたちが多くなっていると言う話gaがあるようです。身体がだるくなる、元気が出ない、風邪でもないのに咳が出る、など。口の中に金属っぽい感覚がすると言う話や、乾燥していないのに顔の皮膚がひりつくという話が出ているとのこと。ふだん全く鼻血を出した事のない子どもが、鼻血を出すと言う話もあるようです。



東京でないが福島で現実になってしまった。。

日本人、いや地球人なら知るべき原発の真実が見えて来ます! 今現在(2011年3月17日)の、まさに原発震災まっただ中であっても、未だに危機感すら持ち合わせていない、大多数の日本人こそ必読必携の一冊だと思います! 本書では、静岡県浜岡原発を主に扱っていますが、それをそのまま福島原発に当てはめたら、ほぼ今の現状です!