frostar@wiki

メニュー

作ったもの

過去の遺物
TRPG
プログラム
リンク

自分関係

ここのページへのリンクについてはこちら
TRPGのセッション記録とかメインのブログ
生配信チャンネル。プログラム<雑談
気が向いたときにやります
個人的な質問に答えてます。

TRPG系

お世話になっているオンラインセッションサイト
TRPGのことならここ!
IRCサーバなど、お世話になってます。
ネクロニカの支援サイトです。ツール開発やオンセもやっています。

プログラム系

初心者のためのプログラムのページ。WindowsSDKの方についても詳しく書いています。
windowsSDKのテクニックがいろいろ書いてあります。
C++STL(標準テンプレートライブラリ)の日本語版リファレンスです。


更新履歴

取得中です。


汎用ランダム出力ツール:Reference


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キーワード設定

iniファイルを作成してそこにキーワードを記述します。
[CODE]
反応キー=文字列
反応キー=文字列
…
[キーワード集合名]
Max=この集合のキーワードの数
1=キーワード1
2=キーワード2
…
[キーワード集合名]
Max=この集合のキーワードの数
1=キーワード1
2=キーワード2
…
code部の文字列に[キーワード集合名]を指定することで
そのキーワード集合の中からランダムでキーワードをランダム抽出したものを置き換えて表示します。
同じ[キーワード集合名]を指定した場合、それぞれランダムで抽出されます。

反応キーは基本的に#を接頭辞としてください。
#以外を使用したい場合、 Limechatのメニューからマクロ編集または直接lmfファイルを編集し、
マクロ呼び出しの条件のメッセージを反応キーに合うものに編集してください。

ファイル指定

まとまりのある機能ごとにファイルを分けることが可能です。
ファイルを分ける場合、Limechatのメニューからマクロ編集または直接lmfファイルを編集し、
$DllString(RandomPickupTool.dll,Pickup,%n %f ファイル名 %m)
のファイル名の部分に任意のファイル名を指定してください。
ファイルはdllファイルと同じ位置に配置してください。

サンプル

macros\files\pickup.ini
にサンプルとしてトランプのカードをランダムに引くときの
ファイルを置いてありますので、参考にしてください。
Limechat上ではマクロを有効にした後
#トランプ
と発言することでトランプを引くことができます。
pickup.iniの中身
[CODE]
#トランプ=[Suit]:[Number]
[Number]
Max=13
1=A
2=2
3=3
4=4
5=5
6=6
7=7
8=8
9=9
10=10
11=J
12=Q
13=K
[Suit]
Max=4
1=スペード
2=ハート
3=ダイヤ
4=クラブ
実行例
15:36:14 (frost    ) #トランプ
15:36:14 (frost    ) スペード:J
15:36:14 (frost    ) #トランプ
15:36:14 (frost    ) クラブ:4