frostar@wiki

メニュー

作ったもの

過去の遺物
TRPG
プログラム
リンク

自分関係

ここのページへのリンクについてはこちら
TRPGのセッション記録とかメインのブログ
生配信チャンネル。プログラム<雑談
気が向いたときにやります
個人的な質問に答えてます。

TRPG系

お世話になっているオンラインセッションサイト
TRPGのことならここ!
IRCサーバなど、お世話になってます。
ネクロニカの支援サイトです。ツール開発やオンセもやっています。

プログラム系

初心者のためのプログラムのページ。WindowsSDKの方についても詳しく書いています。
windowsSDKのテクニックがいろいろ書いてあります。
C++STL(標準テンプレートライブラリ)の日本語版リファレンスです。


更新履歴

取得中です。


マスタリング


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

実際にマスタリングを行うときのテクニックなどについて書いていきます。

伝家の宝刀GM権限

基本的にTRPGにおいてはルールブックよりも絶対の黄金ルールがあります。
それがGM権限です。
しかし、ルールブックをあまりに無視してGM権限を振りかざすのはPLの不満の原因やルールの混乱につながりかねません。
そのため、ルールブックに従うというのが基本ではありますが、それでもGM権限を必要とする場面はあります。
例えば従うべきルールブックの内容が複数の解釈ができる記述であったり、特定の条件下でどのような処理をすべきかルールブックに記述されていないといった場面がそれです。
また、お互いの負担を軽減するために複雑な処理を簡易化するということもあるでしょう。
そのような場合でもできるだけ公平かつ自然な裁定になるように気をつけましょう。

時間管理

終了までの時間を管理するのもGMの仕事の一つです。
参加者の都合などもあるのでできるだけ時間通りに終わらせることを目指しましょう。
どうしても時間が延びる場合は参加者に時間の都合を確認し、都合が悪い時はGMとPLが協力してできるだけ早く終わらせましょう。
どうしても終わりそうにないときは別の日に続きをやるということも考えましょう。

時間を多めに見積もる

根本的な方法ではありますが、用意したシナリオに対して予定時間を多めに見積もっておくことで多少時間の延びには対応できます。
また、時間的余裕はマスタリング自体の余裕にもつながりますので、時間は多めに設定しておきましょう。

イベントを短縮する

時間がだんだんおしてきたらイベントの短縮を考えなければなりません。
情報収集などが必要なら多くのシーンで情報を渡さずに一つのシーンで情報を渡すことによってイベントを圧縮することができます。
また、情報をRPに混ぜながら話すと時間がかかるので重要な部分のみをPLに渡すことも時間短縮につながります。
重要度の低いイベントはカットしていくことも考えましょう。

ぶっちゃける

PLがGMの予期していない行動を取るということは珍しいことではありません。
時間があるときはアドリブで対応するのもいいですが、時間がない時はイベントを考えてないとぶっちゃけるのも一つの手です。

固定値を使う

システムによってはGMの戦闘においてダイスを振らずに固定値(主にダイスの期待値)を使用を許可しているものがあります。
そのような場合は固定値にするほうが戦闘時間が短縮できます。

ゲームを楽しむ

ここまでいろいろなことを書いてきましたが、私はこれが一番重要なことだと思います。
TRPGの目的は「みんなでゲームを楽しむ」ということに集約されます。
みんなというのにはGMも含まれます。
GMは確かにPLと比べると仕事が多いですが、心に余裕を持ち、ゲームを楽しむということも忘れずに遊びましょう。