FETCG カードセット一覧


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

FETCGのカードセット一覧

ファイアーエムブレム トレーディングカードゲーム 1弾 (2001年 8月3日発売)

スターターキット(1500円) ブースターパック(400円)

栄えあるFETCGの第1弾。舞台とする原作ゲームは聖戦の系譜。 カードの中身としては聖戦の系譜キャラのLV1のユニットカードと、基本的な内容の武器・サプライズ・土地が揃っている。 また、制圧ユニットカードのみスターターキットのみの封入となっている。 初期はデッキ枚数22枚までで行われるミニ大会が行われ、トラバントによる速攻制圧デッキが一世を風靡した。 また、当時はSシャナンがコントロールを奪う効果だったり、スリープの剣が効果を発揮しても場に残り続けたり、 ダンサーで再行動できるようになったユニットが再移動で制圧マスに侵入できたりした。 その後調整を経て45枚の本格的な大会が開始された頃には、上記の問題が修正され、Sシャナンは制限カードとされた。 これはアンソロジーでSシャナンの効果が完全に改訂されるまで制限され続けた。

2弾~運命の絆~ (2001年 11月30日発売)

ブースターパックのみ発売。 ユニットカードの殆どがLV10であり、1弾のキャラクターカードに比べて性能が露骨に高い。 聖戦ユニットのカードは以降アンソロジーの発売まで殆どこの2弾のカードが使用されることになる。 シーフでチップを奪ってから必殺や連続でトドメを刺すデッキが環境を席巻した。 また、レスキューの杖が制限カードに指定された。

3弾~新たなる力~ (2002 4月27日発売)

ブースターパックのみ発売。 聖戦ユニットのクラスチェンジ・カードと、一三種の伝説の武器が目玉。 また一部のLV10ユニットや、性能が変化したトラバントなどのカードも封入されている。 ミストルティン・グングニル・スワンチカの三種類のパワフルな武器カードが環境に溢れる一方で、 吊り橋・城門などの強力な土地カードが盤面を強くコントロールした。

4弾~トラキアの動乱~

ブースターパックのみ発売。

ユグドラルアンソロジー [編集]山田章博、藤原カムイ、コザキユースケらが参加。

ブースターパック

第5弾 〜紋章を継ぐもの〜 [編集]スターターキット(1000円+税)

ブースターパック

第6弾 〜アカネイアの英雄〜 [編集]2004年12月10日発売

ブースターパック