設定一覧


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登場人物について

2 :創る名無しに見る名無し:2011/01/01(土) 21:50:19 ID:s52/D/Sn
テンプレ
  • (人物名)
(人物説明)
(簡単な経歴)
(登場頻度)←「レギュラー」・「準レギュラー」・「ゲスト」のいずれかをここに

88 :>>1:2011/02/26(土) 21:06:59.10 ID:EZcS5H6A

●レギュラー(毎回登場する)
  • FBIロサンゼルス支局(ドリームチーム)捜査官
主任+副主任+6名(先着) 計8名

以下は特に人数制限を設けない
●準レギュラー(隔週で登場する)
  • FBIコンサルタント(FBIに協力している人たち)
物理学者やメンタリスト等はここに含まれる
  • LAPD
  • 探偵
  • 民間人
登場人物の家族などはここに含まれる
  • 敵組織幹部
  • FBI上層部
●ゲスト(その回限りの登場、ただし再登場可)
  • 被害者
  • 加害者
  • その他民間人

舞台について

68 :>>1:2011/02/22(火) 15:29:06.34 ID:0R7SfVyz

忙しくなかなか来られなくすいませんでした。
設定が曖昧な個所があり、混乱させてしまい申し訳ありません。
新しい設定を載せます。

  • 舞台設定は2012年
  • 主な主役はFBIとロス市警、一部民間人(研究者・探偵・自称霊能力者含)
  • 基本、話の流れは一本道で進行する。ただし、話の都合上仕方なくサブの別ルートが進行していくのは認める。
  • FBIに新設されたチームが発足したところから開始

  • 敵組織は、犯罪に必要な知識・武器を提供する。ただし、必ず登場・関与しなくてもいい。
  • 敵組織の正体は、民間軍事企業や利益団体の複合体(開始時主人公たちは知らない)
  • 敵も一枚岩ではない。様々な考え・思惑が存在する。
  • 幹部たちもお互いの顔などは知らない。匿名でコンタクトをとりあっている。
  • テロも当然ありうる(できれば後半)。

犯罪者、囚人などの参考及び設定など

127 :創る名無しに見る名無し:2011/03/04(金) 21:22:16.09 ID:GR2zJnti
警察に協力する収監者というと、ヘンリー・ルーカスとかテッド・バンディ、それからグレアム・ヤングもそうだ。
ただルーカスの場合は自身の殺した数が多すぎる(一説には1000人超)ため、その解明のお手伝いというだけ。
テッド・バンディはレクター博士のモデルの一人だが、これも延命目的のスタンドプレイ色が濃い。
犯罪の解明というより、他人が犯した犯罪の被害者救命に功があったのが「毒薬日記」ことグレアム・ヤングだ。
症状を聞いただけで盛られた毒薬を当て、その解毒方法も指示できたという。

正直、レクターのパクリは気が進まない。
創造性が無いのにも程ってもんがあるだろう?


128 :創る名無しに見る名無し:2011/03/04(金) 21:47:15.14 ID:GR2zJnti
連続すまん
自分で考えてみたシリアルキラー

その1「ツーリスト」
ニューヨークを起点として全米横断しながら殺しまくる殺人鬼。
移動距離が大きすぎて当初は誰も連続殺人とは気づかないが、プロファイラーが「単独の殺人とは思えない。絶対他にもやってる」と指摘。
更にお話の途中で「実はアレもコレもおなじヤツの仕業らしい」とFBIが介入してくる。
ツーリストpage1

その2「ティーパーティー(あるいはマッドハッター)」
現在アメリカで勢いを持っている草の根保守運動「ティーパーティー」にひっかけて、リベラル派新聞が命名。保守派新聞は当然この呼び名を嫌い「マッドハッター」と呼ぶ。
どちらも語源は「不思議の国のアリス」。
移動タイプの毒殺犯という稀有な類型。

その3「グレイゴースト」
1945年製ワルサーP38(グレイゴースト)を使う。
ターゲットは売春や麻薬販売など犯罪組織の幹部。
45年製P38は程度が悪く、撃っているうちにスライドがぶっ飛ぶ(そうなると射手もタダではすまない)危険がある。
なぜそんな危険なガラクタで殺しをするのか?がミソ。
正体は元SAS兵あたりに設定し、更に脳腫瘍で余命いくばくも無い人物で、犯罪組織の抗争に巻き込まれて家族を失ったということにする。
自分の脳腫瘍が破裂するのが先か?それともグレイゴーストが吹っ飛ぶのが先か?という形で自身と拳銃を重ね、生きているあいだに出来る限りゴミ掃除をするのが目的。
敵の正体を知ったDTはなんとか生かして逮捕しようとするが……。
ラストはGG対DT対麻薬犯罪組織の対決。
犯罪組織全滅の後、GG対DTの一対一になる。
DTのメンバーを犯罪組織の者と勘違いしGGはP38を撃つが、そのとき銃はバラバラに吹き飛ぶ。
慌ててかけつけたDTのメンバーに対し、「よかった。間違えていオマワリさんを撃っちゃうとこだったよ」と笑ってGGは死ぬ。
死因は、銃の暴発ではなく脳腫瘍の破裂だったということになる。

個人的に気に言ってるのは「グレイゴースト」だが、第1話に使いやすいのは「ツーリスト」だろう。「ティーパーティー」はギフォーズ議員銃撃事件と絡めた場合に面白い。



429 :創る名無しに見る名無し:2011/10/26(水) 22:50:31.69 ID:3lvOq2pb
肝心なことを書いておくのを忘れた。
「旅する死神」構成過程で集めた資料。

FBI関連施設所在地
「上層部」と書かれているFBI本部はワシントンDC。
「HRT」「プロファイリングチーム」「FBIアカデミー」はヴァージニア州クワンティコ。
ただ、ワシントンDCそのものが地理的にはヴァージニア州の中に在るので、大雑把に全部ヴァージニア州内にあると考えてもいい。

時差
合衆国本土内には四つの時間帯がある。
ちなみに東部ニューヨークと西海岸のロスアンゼルスでは三時間の時差。
だから日本語で書くと、ロスの人間が「おはよう」と電話してニューヨークの人間が「こんにちは」と答える可能性がある(これが英語なら、どちらも「ハロー」ですむ)。

ロス市警署長
日本語表記で「署長」とすると警察署の長のようになってしまう。色々迷った挙句現地表記の「チーフ」に。
だからギャレット・チーフと書いてあっても「チーフ」の部分は肩書。

それぞれの都市の地勢なんかも調べてたから、書いてるより調べてる時間の方が長かった。
やっぱり外国が舞台ってのは難しい(笑)。