独立行政法人 大学評価・学位授与機構


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

National Institution for Academic Degrees and University Evaluation


大学評価・学位授与機構(以下、NIADとする)が行う業務

  1. 大学等の教育研究水準の向上に資するため、大学等の教育研究活動等の状況について評価を行い、その結果について、当該大学等及びその設置者に提供し、並びに公表すること。
  2. 学校教育法に定めるところにより、学位(学士、修士、博士)を授与すること。
  3. 大学等の教育研究活動等の状況についての評価に関する調査研究及び学位の授与を行うために必要な学習の成果の評価に関する調査研究を行うこと。
  4. 大学等の教育研究活動等の状況についての評価に関する情報及び大学における各種の学習の機会に関する情報の収集、整理及び提供を行うこと。
  5. 文部科学省の国立大学法人評価委員会からの要請に基づき、国立大学及び大学共同利用機関の教育研究活動に関する評価を行い、その結果について、国立大学法人評価委員会及び当該評価の対象となった国立大学又は大学共同利用機関に提供し、並びに公表すること。

ここでは、NIADの業務のうち、大学評価に焦点を当てて記述を行う。

NIADが行う認証評価の目的

  1. 大学機関別認証評価に関して、機構が定める大学評価基準(以下「大学評価基準」という。)に基づいて、大学を定期的に評価することにより、大学の教育研究活動等の質を保証すること。
  2. 評価結果を各大学にフィードバックすることにより、各大学の教育研究活動等の改善に役立てること。
  3. 大学の教育研究活動等の状況を明らかにし、それを社会に示すことにより、公共的な機関として大学が設置・運営されていることについて、広く国民の理解と支持が得られるよう支援・促進していくこと。

基本方針

  1. 大学評価基準に基づく評価
  2. 教育活動を中心とした評価
  3. 各大学の個性の伸長に資する評価
  4. 自己評価に基づく評価
  5. ピア・レビューを中心とした評価
  6. 透明性の高い開かれた評価
  7. 国際通用性のある評価

評価プロセス

  • 大学の自己点検・評価
  1. 大学の目的の記載
  2. 基準1〜10の自己評価
  3. 自己評価書の作成

  • NIADによる第三者評価
  1. 基準ごとに、自己評価の状況を踏まえ、大学全体としてその基準を満たしているかどうかの判断
  2. 優れた点、改善を要する点の指摘
  3. 評価結果の公表

評価基準

こちらを参照