マジックカード詳細・回復系


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ポーション20


ポーションゴースト配置で持ち込み不可に。
魔法使い、もしくはマジックリング装備時回復力が25にアップ。魔法使いのマジックリング装備時は30にアップ。

青ポーション。最もよく拾うアイテムの1つだが、効果が薄いので、拾ったら即使用、使う必要が無いほどHPがあるときは大体そのまま放置されるかわいそうなアイテム。まあ仕方ないよね。

拾える城:ほぼすべての城

ポーション40



ポーションゴースト配置で持ち込み不可に。サポート対象アイテム。
魔法使い、もしくはマジックリング装備時回復力が50にアップ。魔法使いのマジックリング装備時は60にアップ。

緑ポーション。ポーション20とそんなに変わらない出現率。ポケットの内容次第では持って歩くこともあるかもしれない。
何気にサポートの対象品でもあるので、サポート対象外である60とどちらを持ち帰るか悩みどころ。

拾える城:ほぼすべての城

ポーション60


ポーションゴースト配置で持ち込み不可に。
魔法使い、もしくはマジックリング装備時回復力が75にアップ。魔法使いのマジックリング装備時は90にアップ。

紫ポーション。これぐらいの回復力なら弱い攻撃カードを捨ててでも持ち歩く価値は十分にある。

拾える城:ほぼすべての城

ポーション80


ポーションゴースト配置で持ち込み不可に。サポート対象アイテム。
魔法使い、もしくはマジックリング装備時回復力が100にアップ。魔法使いのマジックリング装備時は120にアップ。

黄ポーション。サポートの対象品ということもあり、絶賛価値上昇中。物資を集めたい人はこれを集めるのも1つの選択肢。

拾える城:ほぼすべての城

ポーションMAX


ポーションゴースト配置で持ち込み不可に。

冒険者の頼れる味方。よほど数が余っていない限り、拾ったらポケットに溜めておけ、と断言できるほどの便利アイテム。
なお、マジックリングをつけているからといって、HPが最大値を超えて回復することは無い。

拾える城:非常に簡単な城(配当5WINや10WIN程度の城)を除くほぼすべての城

ポーションSPECIAL


ポーションゴースト配置で持ち込み不可に。

味方全員というのは自分と仲間モンスターの事。
このアイテムを持っていくときは、主にモンスターを持ち込むときぐらい。
MAXと使用料も変わらないので、MAXは無いけどピンチって時には迷わず使ったほうがいい。
セイントの場合はポーションMAXなんかよりこっちを集めたほうがいいというぐらい必需品。
また、難関城でも道中でモンスターを入手できるかもしれないのでMAXでなくこっちを持ち込む選択肢もある。

拾える城:レアアイテム率高城、低確率で普通の城でも拾う可能性はある。

マジカルポーション


ポーションゴースト配置で持ち込み不可に。
魔法使い、もしくはマジックリング装備時回復力が75にアップ。魔法使いのマジックリング装備時は90にアップ。

ポーションの中では一番価値が高いアイテム。
壊れるまで何度でもポーション60が使えるという効果。だが、1発で壊れる事も多々あるので、頼り切りもよろしくない。
ファイナルでは運ゲーのお供としてよく採用されたりする。

拾える城:レアアイテム率高城

ポーションダイス


EKLで追加。
サイコロを1つ振り、出た目の数×20だけ回復する。
低い出目の可能性を考慮すると緊急時の回復に向かない。
最大120回復の可能性も見込むと攻略中盤以降にならないと使う機会が来ない・・・と、なかなか使い道に困る。
特に強力なアイテムでもないのであえて持ち込む必要はないかもしれません。使える機会があれば優先的に使いましょう。

ポーションの形をしていませんが、名前がポーションなのでポーションゴーストで持ち込み不可になります。

拾える城:レアアイテム率高城

エナジードレイン


HPを60まで吸い取る。
60まで、という事は、敵のHPが60以上あれば60吸い取るけど、60無かったら残りHP分しか吸わないということ。つまり回復量は必ずしも60にはならない。
サンダーとポーション60を同時に使えると思えばかなり強力な効果で、ドラゴン辺りから威力を発揮する。
「HP60をきっちり吸い取れて」「通常のサンダーと同様の理想系」という状況はそうそう訪れないので、意外と持て余す。状況が出来上がったら最優先で撃つべき。
また、エナジードレイン系はGに対して無効で、魔力による補正を受けない。誰が何をつけて撃っても数値に変化は無い。またゴーストやファイナルクエストの種類別持込禁止に引っ掛からないので、回復手段が極端に限られている場合によく持ち込まれる。

拾える城:ほぼすべての城

エナジードレイン100


HPを100まで吸い取る。
100も吸い取れば大体の敵はその場で倒れるか、後1回殴れば倒れるだろう。
使い所がそう訪れないので、拾った城で適当に使ってしまってもいいかも。

拾える城:レアアイテム率高城

マルチドレイン


見えている敵からそれぞれHPを60まで吸い取る。
正確には違うが、簡単に言えばマルチサンダー+ポーションMAXを1回の行動で行う感じ。
回復量がオーバーキル故に限界まで引っ張りたくなってしまう。持ち込まれるのはもっぱらファイナルクエストの一部の城か?

拾える城:レアアイテム率高城(低確率)

ドレインバリアー



5ターンの間、ダメージを無効にし、受けるダメージを回復に変換する。
通路内でHPがやばい時に強い敵に挟まれた時に使うのがもっとも一般的か。
HP回復の予測を立て、回復中にも計画的に周りの敵を減らしていくのがベスト。侍の場合は注意が必要か。
よほど敵が居ない限りはピンチを凌ぎつつHPを確保し、さらに★2で多くの城に持ち込めるし、ゴーストによる制限もくぐり抜ける。
ドリバトに、ファイナルクエストに、多彩な場面で活躍出来るだろう。カード交換でもそれほど調達難度が高いわけでもなく、溜め込む価値はある。

拾える城:レアアイテム率高城

ヒール100


ヒールゴースト配置で持ち込み不可に。

100歩歩く間、HPを1ずつ回復させる。滑る床では回復するが、トロッコでは回復(&カウント)しない。
無駄なく回復できれば同料金のポーション80よりもお得だが、MRで並ばれ、MR魔法使いであれば追い抜かれる。
拾ったらすぐに使うぐらいでいい。
EK3までは軽い毒沼城に持ち込む候補だったが、サポートシステムのおかげで不憫な存在に。
ドリームアイランドでガンガン使い、ヒールを使う練習をするのも手がも。

拾える城:ほぼすべての城

ヒール200


ヒールゴースト配置で持ち込み不可に。

200歩増強版。気づいたらカードホルダーにたまっている事が多いので、程よく使ってあげよう。200も回復するのはかなり便利。
ポケットの中身とHPがそこそこに減った時に使うのがヒールを無駄にしないコツ。最大HPに余力が出来る中盤戦まで残したい所。

拾える城:レアアイテム率高城、低確率で普通の城でも拾う可能性はある。

ヒール300


ヒールゴースト・★3ゴースト配置で持ち込み不可に。

300歩増強版。回復量がかなり大きく、バトルにもクエストの難所にも幅広く使われる。ポーションを使う時間を短縮出来るのもバトル中は追い風になる。
なお、実際に使うことはないと思うが重ねがけした場合の最大値は1000で、それ以降は切り捨てとなる。

拾える城:レアアイテム率高城、CITRINE 、低確率で普通の城でも拾う可能性はある。

天使の雫(PASERI課金カード)


6枚セットで販売されている。51PASERIなので、1回8.5円相当である。
専用のPASELIカードホルダーから、サポートのように任意に取り出して発動可能な特殊回復カード。 5歩ごとにHP10回復×これを20セット行う という、H200の倍速還元バージョン。
最大の特徴は、他のPASELI課金と違い、使用クレジット(16BETでH200と同価格)も必要という二段構えの徴収体制。
高価な分、効果も相応でポケットを圧迫しない利点もあり、高難易度城やシャドー狩りが主な使いどころ。
反面、「ピンチになったから課金して使おう」という即時解決はできない。事前にショップで購入する必要がある。
また、ポーションのような即効性もない点から、保険的感覚となるのが減点材料。


  • 天使の雫が二重課金っぽく書いてあるけど、メダルレート1:2の店でも16Betは32円だから、残りの手札以外で25%増しでヒール200持込って考えるとやっぱり強力だと思うよ -- 名無しさん (2014-02-03 22:53:58)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。