Emotion基礎知識


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 Emotion(エモーション)とは、人々の負の感情から生まれた異形の存在である。
 なぜ、どうして現れるのかはいまのところわかってはいないが、人間に害をなすということだけはわかっている。
 以下はこのエモーションに対しての基礎知識である。


出現周期

 一週間に一度、深夜0:00分に狩場町のどこかに姿を現し、2:00分になる前に姿を消します。

出現予報機

 ハンターは、出現予報機によってエモーションの出現する時間帯、場所を知ることができます。
 出現予報機は、王道製薬におかれている巨大なコンピュータで、ハンターは王道製薬からの電話によってその情報を得ます。
 小型のものもありますが、精度があまりよくありません、正確な予報ができる確率は約83%程度です。
 王道製薬におかれている大型のものは、99.9%正確な予報ができます。


被害

 エモーションが姿を現すと、その出現時間内に死人がでる可能性がきわめて高いです。
 深夜に起こる交通事故や、通り魔事件などは、エモーションの仕業である可能性が高いです。
人を見かけると見境なく襲います。

外見

 エモーションの姿は、固体によってそれぞれ異なります。
エモーションを産んだ負の感情によって変化するといわれています。

ハンターのエモーション化

 ハンターとエモーションは密接な関係にあります。
 ハンターは、戦闘を繰り返していくうちに、媒体に負の感情がたまってきます。
通常は、浄化薬を使うことによって負の感情を取り除きます。
 しかし、もしハンターの媒体が負の感情で満たされてしまった時、ハンターは暴走を起こし、最後にはエモーションとなっていまうでしょう。

本質

 エモーションになる前のハンターや、エモーションを産んだ負の感情がもっているもっとも大きな感情が本質です。
 たとえば、嘘に対する負の感情から生まれたエモーションは、『嘘』の本質になります。
 努力をよくするハンターだった者は、『努力』の本質になります。

 本質はエモーションの姿形や、攻撃の方法などに大きく影響します。