セリーグオールスター編成

【概要】

セ・リーグ6球団+スペシャル球団を使用することになるため、まず『打撃九重奏』の対象から外れる。また、どのポジションも一番手と二番手以降の差が大きく、下位互換では若干厳しくなる。
ポジションでは中堅のポジションが手薄となる(有力な☆5がいない)ため、ここはTSSかOBを使うことが理想といえる。
ベースは自分のお気に入りチームに、各ポジションを強化していくこと。自チーム☆4or☆5と他チーム☆5&TSS・OBが理想。

狙うべきコンボは『セリーグスターズ』『セリーグ怒涛の応援』『伝説の名選手(名投手)』『時を超えた活躍』『WBCの記憶』『重量打線』『フルスイング打線』等。


【ポジション別】

  • 捕手
セリーグ捕手最高の☆6阿部が一番手だが、その能力もあって入手困難。
上記が買えないのであれば、限定TSS城島、☆5限定阿部が有利
この3選手は『WBCの記憶』『重量打線』の対象であり、いずれかは手に入れたいところ。
またTSSや☆4相川S1、☆4谷繁S4等も十分強い。

  • 一塁手
☆6新井が一番手、あとは打力で☆6畠山、OB王、☆6ブランコなどがある。またコンボ面で☆5栗原をいれるのもある
もちろん☆6、OBSは入手困難だが、その分強力である。

  • 二塁手
一番手はTSS井口。現役であれば☆5平野だが、打撃値は廃盤の☆4平野S1が最高
それ以外ではOB立浪や☆4東出S4、☆4渡辺直人でも可。

  • 三塁手
OB長嶋、限定TSS金城、限定新井兄、あたりが理想。またCTSS原や12S3宮本もいる。廃盤であったりして入手がやや困難なカードも多いため、無理せずに手に入るものを。

  • 遊撃手
TSS松井稼、TSS石井琢がかなりの高性能。また現役選手であれば☆5梵S1や各種坂本、☆5鳥谷、☆4荒木、☆4渡辺(直)コンボやチーム枠を考えながら決めること。

  • 左翼手
☆6和田が理想だが入手困難。あとは限☆5ミレッジやOBS張本、TSS金本、 コンボに気をつけ、考えて決めたほうがいい

  • 中堅手
限定☆5長野などがいい、無理なら非限定☆5長野、OBS山本浩二、CTSS緒方など コスト面も考えてきめよう。

  • 右翼手
やはり、☆6バレンティンが1番。ただ☆6なので価値が高くなってしまう、OP長野などでカバーしよう。また他外野手との兼ね合いも大切。

  • DH
『打撃が高い』『ポジションが被る』『走力・守備が高くない』選手を入れることになる。理想は☆5ラミレス。『重量打線』に絡むため重要。むしろ、守備の低さを考えるとここしかポジションがない。

  • 代打
コンボやチーム枠を考えながら、DHと同じ条件で組むことになる。うまくここで調節しよう。

  • 先発
どの球団も一番手となる☆5は高性能。組み方はWBC系(侍ジャパン含む)対象選手×3か、WBC枠×2プラスOB(西崎or阿波野)。WBCなら☆5内海や☆5杉内、岩田となり、侍ジャパンなら内海、吉見、石川、澤村がいる。

  • 中継ぎ1番手は浅尾が有利、2番手からはコンボ面を考え、☆5山口、TSS藤川らを入れよう。


  • 抑え
藤川球児、久保(☆5S4)、山口俊(2012OP)、サファテ、岩瀬(TSSor☆5S4)、林昌勇と、各チーム☆4以上は確実にいるためチーム枠などを考慮しながら使っていこう。
一応、OB与田もいる。能力は岩瀬、林昌勇よりは上だが若干連携が上げ辛いのはキツイか。
この中では藤川球児がWBC要員。侍ジャパン要員がいない。林昌勇はWBC出場組だが韓国代表故に対象外。

【各球団枠】

  • 中日
☆5和田一浩S1、☆4森野S1、☆5吉見、☆5浅尾。
吉見、浅尾が『侍ジャパン』対象、和田一浩が『WBC』要員。
また、和田と森野はどちらも『重量打線』に絡む。

  • ヤクルト
『重量打線』『フルスイング打線』要員の☆5畠山は当確。
投手陣は☆5館山が能力が高く先発枠に入るかどうかと、『侍ジャパン』要員の☆4石川2012OP。

  • 巨人
『重量打線』『WBCの記憶』に絡む☆4阿部S4と☆5内海。
長野ではS4で『重量打線』が対象外だが、『侍ジャパン』要員のため重要。
坂本も『侍ジャパン』要員。重量打線の有無でお好みで。

  • 阪神
☆5藤川、☆4城島S1、☆5平野、☆5鳥谷、☆5マートン、☆4ブラゼルがいる。
『重量打線』要員はブラゼル、『WBC』要員が藤川球児&城島。

  • 広島
☆5栗原、☆5梵S1がいるが、どちらも『重量打線』に絡まない。
栗原を『WBC』『侍ジャパン』要員で使うくらいか。
前田健太はS1を『WBCの記憶』要員が足りているときのみ候補に。

  • 横浜
2012オープニングで一気に強化された☆5ラミレスや☆5山口が候補。特に山口は2011の☆5各種ではあまりに厳しいため、使うなら2012オープニング版一択。
もしくは『侍ジャパンの誇り』要員の☆4渡辺直人。
あとは廃盤の☆5スレッジS4や☆5村田S2あたりが『重量打線』候補だがどちらも打撃1000を下回っており、DHは厳しい。

【編成例】
  • 『侍ジャパンの誇り』型
捕手:☆4阿部2011S4
一塁:☆5栗原2011S4
二塁:TSS井口
三塁:TSS小笠原
遊撃:☆5坂本2011S4
左翼:☆5和田2011S1
中堅:OB赤星
右翼:☆5長野2012OP
DH:TSS松中
代打1:☆4新井2012OP
代打2:☆4渡辺直人2011S4

先発1:☆5内海2012OP
先発2:☆5吉見2012OP
先発3:☆4石川2012OP
中継1:☆5浅尾2012OP
中継2:TSS藤川
抑え:TSS岩瀬

発動コンボ
『セントラルスターズ』『侍ジャパンの誇り』『重量打線』『時を超えた活躍』

※セリーグの『侍ジャパン』対象は10選手。しかも先発で4選手いるため、全野手を使わなければならないため、若干厳しいか。

  • 『WBCの記憶』型
捕手:☆4阿部2011S4
一塁:TSS松中
二塁:TSS井口
三塁:TSS小笠原
遊撃:☆5鳥谷2012OP
左翼:☆5和田一浩2011S1
中堅:TSS多村
右翼:☆5長野2012OP
DH:☆5畠山2012OP
代打1:☆5栗原2011S4
代打2:☆4相川2011S1

先発1:☆5吉見2012OP
先発2:☆5内海2012OP
先発3:OB西崎
中継1:☆5浅尾2012OP
中継2:TSS藤川
抑え:☆5山口俊2012OP

発動コンボ
『セントラルスターズ』『WBCの記憶』『重量打線』『フルスイング打線』『時を超えた活躍』『伝説の名投手』

※『侍ジャパン』に比べて組みやすい。これはTSSでWBC対象選手が多いからである。

◆AS系コンボはスペシャル球団(OB・TSS・TSR)には反映されません。対象選手が多ければその分威力が上がりますので、それも考慮しましょう。

◎オマケ◎
  • 「勝てる・・・勝てるんだ!」型
※お気に入りチーム横浜推奨

捕手:TSS相川
一塁:OB駒田
二塁:TSS井口
三塁:TSS金城
遊撃:TSS石井琢朗
左翼:☆5スレッジS4
中堅:TSS多村
右翼:☆5長野2012OP
DH:☆5ラミレス2012OP
代打1:☆5栗原2011S4
代打2:☆4マートン2012OP

先発1:TSS三浦
先発2:☆5館山2012OP
先発3:TSS成瀬
中継1:☆5浅尾2012OP
中継2:☆4江尻2012OP
抑え:☆5山口俊2012OP

発動コンボ
『セントラルスターズ』『重量打線』『時を超えた活躍』『伝説の名選手』『勝負強い打撃』

◆実に半分近くがスぺシャル球団という、とにかくコストがかかるチーム。おかげで『セントラルスターズ』が反映する選手が少ない。ただ、内川ではないが、これなら本当に勝てそうである。ちなみにベンチで冷たくなって発見された内川と病院で静かに息を引き取った村田と吉村はあえて外してある。もちろん、TSS金城を☆5村田S2に変えることで『重量打線』対象が増えるため、もっと「勝てる・・・勝てるんだ!!!」となる。

参考→内川コピペ

当然ながら、『マシンガン打線』なんてコンボは存在しない。


  • 往年の横浜名選手が中心でいいチームだwww -- 名無しさん (2012-04-04 12:10:34)
  • 村田ni -- 名無しさん (2012-04-22 14:51:03)
  • ひちょりが☆5になったし、阿部も☆5になったから全ポジ☆5がいけそう。後は中継ぎで巨人山口が☆5になったら・・・ -- 名無しさん (2012-07-04 12:42:40)
  • TSS強いのはわかるが何となく★5使いたくなる…見栄え的に -- 名無しさん (2012-07-09 19:03:56)
  • 井口セリーグちゃうよね… -- 名無しさん (2013-02-05 19:28:48)
  • ↑解決しました -- 名無しさん (2013-02-05 19:29:44)
名前:
コメント: