メニュー


『ドイツ・イデオロギー』



マルクスのひととなり

個人ページ


キーワード

リンク






ここを編集

注目タグ


更新履歴

取得中です。


ここを編集

分業化二

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

関連ページ

目次



概要

まず立ち位置

 技術者として。
 何か新しいシステムを作ろうとするときの、覚書として。

問題意識

 分業は設計や製作のプロセスを、大幅に効率化させた。
 一方で、設計の視点が偏ることによる問題点が顕在化してきた。
 分業について考えることは、設計のプロセスを改善する上で重要となるはずだ。
 これから何かを作ろうとするときに気をつけるべきことは何か。それを探る目的で、分業が生み出した問題について考えていきたい。

思考の整理(自分へのツッコミ)


  • 権力
    • 権力を生み出すものはいくつもある。なぜその中でも分業に注目するのか
      • 構造に潜んでいる権力を可視化したいから
    • 地震時に現れた無意識の権力差
      • 買い占めるおばちゃんたちと、戦えずに立ち尽くす老人たち
      • これは単純に、年齢による力の差
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|