メニュー


『ドイツ・イデオロギー』



マルクスのひととなり

個人ページ


キーワード

リンク






ここを編集

注目タグ


更新履歴

取得中です。


ここを編集

付録1 「ア」

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※べつに文字化けしているわけではなく、事実、付録1は便宜的に「ア」と呼ばれる。このテキストは、執筆当初の時点では基底稿の一部だったが、現行の第一篇内部では配置すべき場所が確定できていない。「ア」は一枚の紙片で、表と姿のそれぞれにマルクスによる番号がつけられている。手稿の傷みが激しく、しかも第一頁欄外はマルクスの多数の落書き(人の横顔)で埋め尽くされていて、判読は極めて困難であるという。








奴隷制は蒸気機関や精紡機なしには廃止できないし、農奴制は農業の改良なしには廃止できないということ、そもそも人間たちは衣食住が質量ともに完全に獲得できていないうちは解放されえないということである。「解放」は歴史的な事実なのであって、思想の事実ではない。
奴隷ヨクナイヨー → 奴隷解放 → 人間の良心の勝利! ではない。
技術とはそういうものなのだ、と、技術者としてはうれしい見方。






|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|