メニュー


『ドイツ・イデオロギー』



マルクスのひととなり

個人ページ


キーワード

リンク






ここを編集

注目タグ


更新履歴

取得中です。


ここを編集

分業化 > 分業と任せきり、クレーマー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

関連ページ

目次



概要

 分業によって、特定の分野に精通する専門家が誕生した。リソースを一点につぎ込むことで、専門性はさらに深まっていく。
 一番わかりやすいストーリーは、様々な分野の専門家が集まって、それぞれが力を出し合って一つの社会を作り上げていくということだ。
 しかしながら、複数の専門家が集まっただけでは、必ずしも完璧に連携できるわけではない。専門家同士の間に溝が生まれることが十分にありえる。
 「任せきり」や「クレーマー」などの先鋭的な例が見られるが、その根っことなるメンタリティは多くの人が共有しているものだ。そのメンタリティは、専門家同士の溝を深めてしまうものにほかならない。
 「任せきり」「クレーマー」という反面教師から何を学び取れば良いのか、考えてみたい。

メモ

 各個人は何かの専門家であると同時に、それ以外の分野では一般人。
 任せきりも、クレーマーも同じ根源を持つ。
 一個人として何ができるのかということ。


実際に生じている問題

分立する医療制度の問題

 制度設計においても、専門性という考えが重要であると思う。
 制度とは一つのルールによって成り立つものではなくて、複数の専門に分かれた制度が組み合わさることで、全体のルールを構成している。ただし、専門間のつながりが希薄であると、制度の穴が生まれてしまう。

技術屋同士の連携不足


なぜ任せきり、クレーマーが生まれてしまったか

クレーマーを現実のものとする諸条件

  •  多様化が一つの条件。「B社の製品じゃなくて、A社の製品を選んだのは、A社を信頼したからだぞ!」という論理。一つしかなければ選ぶこともないし、あえてAを選んだんだと思うこともない。
    •  多様化が生まれたのは、分業化→競争激化→多様化という流れか。

任せきりを現実のものとする諸条件

  •  分業により効率が増せば、プレーヤーの参入が増え、競争激化、そして差別化、多様化へと向かう。その状態では、会社同士がお互いを監視し、乗り越え合おうとするので、その競争が正常である限りでは、任せきりは問題にならない。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|