※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【登録タグ: FF8 クラウド スコール

【タイトル】記憶に溺れる雨

【概要】12回目以前のif設定、元の世界の記憶を限定的に取り戻して不安定になった
スコールがカオス側に移り、そんなスコールの面倒をクラウドが見つつ
二人で前へ進んでいく物語。FF8のネタバレ有り(7、13も若干)
上記二人をメインにライトニング等の一部の秩序勢、一部の混沌勢が登場。
四話完結の中編シリアス。オフィクエ「確かに見えた影」の某場面に繋げています。

【対象】012クリア済み、FF8やFF7が好きな方、逆にFF8のスコールを知らない方にも是非。
オフィクエ「確かに見えた影」のクラウドの発言に意味深さを感じた方にも。

【バトル】キャラとカスタム固定で一つのクエに一回バトル(最終話だけ二回)有。
基本的な難易度はゆるめで負けてもストーリーに変化はありません。

【作者より】「DdFFのスコールにFF8の影響を受けさせるとしたらこの部分」という考えと
公式クエ「確かに見えた影」に影響を受けて、スコールとクラウドに接点を持たせたい
という願望を込めて作ってみました。
if設定と言ってもストーリー本編の設定も取り入れているので、
様々な多方面からの「繋がり」も楽しんでいただけたら本望でございます。

 ・番外編…「雲は黙って浮かんでいろ
 ・サイドストーリー…「冷たい慈雨の英雄

【コード】
     第一話 0000-1048-6610-2311
     第二話 0000-1033-7806-6954
     第三話 0000-1084-0293-3964
     第四話 0000-1098-5018-5491(最終話)

【作者名】和食

コメント
名前:
コメント: