LBXデクー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基本情報

  • 発売日:2011/2/26
  • 付属品:スキャッターガン、タイディシールド
  • 劇中メーカー:神谷重工
  • フレームタイプ:ブロウラーフレーム

キャラクター概要

敵組織「イノベーター」のエージェント三人組等が使用する一つ目のLBX。AX-00を狙ってバンの家に侵入するが、三機とも返り討ちにされ撃破された。武器はスキャッターガンの他に斧も使用する。LBXの性能としてはバランス型で性能にある程度の余裕を持たせてあるため砲戦型、偵察型など様々なタイプが存在する。

商品解説

LBXシリーズNo2としてアキレスクノイチとともに発売された。


良い点

全体的に高いレベルでまとまっている良作キット。
デフォルメ気味のずんぐりとした印象がより強調されたプロポーションになっており、
腰回りや足など細かい部分の形状に若干の変化が見られるものの、ほぼイメージ通りと言って差し支えない出来。

色分けもほぼ完璧。
頭部前面のMの字部分がカラーラインではなくモールドで再現されてるということぐらいだろうか。
足首関節の色分けもバランスがやや違っているが、これはポリパーツがアキレスなどと共通化されているための都合だと思われる。
モノアイ部分は赤いクリアパーツの奥に銀色のミラーシールを配置することで再現しており、頭部自体が大きめということもあって単純ながら非常に見栄えのするものになっている。
シールドの赤色はクリアパーツになっているため、実際に覗かせることも可能。

可動範囲などは基本的にアキレスに準じている。
しかし重心の低さや接地性の高さにより格段にポーズを取らせやすくなっているのがこのキットの大きな魅力。
片足立ちはもちろん、膝部分のカバーにより膝立ちや片膝立ちも楽に決めることができ、このあたりはデザインの勝利でもあるだろう。
足首周りも干渉が少なく、かなり深く腰を落とせるのも地味だが魅力と言える。
股間部の黄色いパーツが出っ張りとして存在しているため内側で干渉することはあるが、それほど気になることもないかと思われる。

悪い点

タイディシールドはアキレスのものと同様よく保持がゆるくなるので注意。
また表面の迷彩模様はシールで再現されているが、形状的にやや貼りにくいので気をつけよう。

惜しむらくはアニメの1話などで使用されていた斧が付属しないことか。
アイテム数的には他のキットと特に変わらないため手抜きということはないと思われるが、使い勝手のよさそうな武器なだけに残念。
今後バリエーション機のキットなどが出ることがあれば付属に期待したい。
もちろん他所のを流用や自作という手もある。