コアカスタマイズ

最大46マスにパーツをはめ込みLBXの基本性能を上げることが出来る。
容量はキャラクターのLvが増加するにつれ、S→M→Lサイズになる。
補助パーツ以外は必須パーツであり1個以上セットしないとカスタムエラーで完了させることが出来ない。
また、同じパーツを複数組み込むことは出来ない。
  • 小ネタとして、カスタマイズが上手くいかなかった場合、必須パーツを外してエラーをさせることによりエラー前に戻すことが出来る。
パーツ詳細は個別ページを参照のこと。また、クリア後を基本として記載しています。
※カスタマイズは個人の自由の為「コレが最強!」等の記載は避けるように

パラメータ説明

CPU

適応ウェポンの攻撃力を増加させる。上昇率が良い物ほどサイズが大きい。
1個しかセットすることが出来ないため武器を2種使う場合はどちらを使うか考えよう。

必殺ファンクション(コアメモリ)

セットできる必殺、超必殺ファンクションの最大数を示す。
コアメモリにより数を変動させることが可能。

モーター

移動BT消費%

行動時のバッテリー消費に使用される。高いほど消費が早い。
セットしているモーターの積が表示される。
Cゲージ出力の高いものほど値が高い場合が多い。

Cゲージ出力

攻撃hit、被弾時におけるチャンスゲージの上昇率に使用される。高いほど溜まり易い。
セットしているモーターの和が表示される。
出力の高いものほどサイズやBT消費が大きい傾向にある。

BP(バッテリー)

バッテリーポイント。行動で消費されるバッテリーのMAX値。
セットしているバッテリー(+補助バッテリー)の和が表示される。
BPが高いものほど大きい場合が多い。
バッテリーが0になるとCゲージが溜まらなくなる。
フィールドに出現したアイテムにて回復させることが出来る。

LP

ライフポイント。0になるとブレイクオーバーとなる。
ライフガーダー(補助パーツ)にて上昇させることが可能。

各状態異常耐性

コアパーツで上昇する耐性値はLBXのパーツ耐性とは異なり状態異常の耐性である。
主にモーターで耐熱(オーバーヒート)バッテリーで対浸水、対スタン(アンリミ/ゼネラル)の上昇が可能。
高くするためにはパーツを複数つけるしかない。ただし例外パーツもあり、詳細は各ページを参照のこと。
補助パーツでも上昇が可能であり、こちらはパーツ同様の防御耐性も上昇させることが可能。

パーツ考察

CPU

適合タイプの2%~10%の攻撃力を上げるのでメインで使っていくのをセットしよう。
効果が高いものはサイズが大きいので他のパーツとの兼ね合いが必要。
アンリミテッドやゼネラルでは攻撃力2倍のため差は倍になるので注意。

コアメモリ

2マスと4マスのものがあり上位互換の関係があるので使用するものは殆ど固定化する。
2マスならスカルファングR(必2超1)かギガクロックXT(必3超0)
4マスならボロンスフィア(必3超1)かハロゲンX2(必0超4)
複数武器や補助ファンクションを使用したいから必殺ファンクションが多いもの…
等、各自のスタイルで変更しよう。
もちろん超必殺4のロマンをとめるようなことはしませんよ?

モーター

出力を高くするとBP消費が高い(=バッテリー切れ=ゲージ溜まらなくて出力が無意味)というジレンマに悩まされるパーツその1
当然その分バッテリーを大容量にすればよいのだがそうするとスロットが…CPUが…
剣やマシンガン等のゲージ上昇率が高いものを装備している場合は90前後あれば十分足りる印象。
いくら出力を高くしても必殺ファンクションはクールタイムが必要で連発できないので、CPU,対戦でのルールを含めクールが終わるころにどれ位溜まっていて欲しいかというのを念頭に調整しよう。
▼モーターpickup!
名称 ポイント
ハニカムB600 低スロ、低消費、高効率と3拍子(ただし追加入手がクリア後のアキバ裏)
Lフェザー80Z 低スロ、低消費、高効率…なのだが耐性が全マイナス持ち。でも性能は超ピカイチ
クォンタムZII 低消費、高効率。7スロ入れられるなら是非
イプシロンEX99 超高効率。消費は215とかなり高いが10スロで効率をみるならこちら
Wフェザー24R お勧め…というよりは消費を増やさず出力を増やせる唯一のモーター
もちろんコレに捕らわれず自分に最適なものを見つけよう。
でも、モーターの中には粗悪品(産業廃棄物)がある。下表がその一例。
シグマDX9 ストーリー中のイベントで手に入るが、完全に産業廃棄物。
高消費、低出力、大食漢と、非常に悪い。
Lフェザー40Z たったの5スロなのに、消費が239と異常に高い。メリットは耐性が全プラス持ちぐらいか…

バッテリー

消費が高いならバッテリーもいっぱい積まないとね!→スロットが…というジレンマパーツその2
単純計算でモーター消費150%BP2000であるのならば、消費200%になった場合はBP2700程無いと同等に動けないということである。
モーターとは違い容量のみで決定して良いので以下にスロット別効率表を記載する。
余談ではあるが補助パーツで増やすならその分バッテリーサイズを増やしたほうが良い
スロット数 BP 組み合わせ
3 700 エレクトロンS200
4 875 タイガーテイルXT3
5 975 イカロスX2
6 1200 エレクトロンS200&エレクトロンS100
7 1575 タイガーテイルXT3&エレクトロンS200
8 1725 タイガーテイルXT3&ラトルスネークSE5
9 1850 イカロスX2&タイガーテイルXT3
10 2075 タイガーテイルXT3&エレクトロンS200&エレクトロンS100
11 2425 タイガーテイルXT3&ラトルスネークSE5&エレクトロンS200
12 2550 イカロスX2&タイガーテイルXT3&エレクトロンS200
13 2700 イカロスX2&タイガーテイルXT3&ラトルスネークSE5
14 2775 レクタングルⅢ&イカロスX2&エレクトロンS200
15 2975 タイガーテイルXT3&ラトルスネークSE5&ブレイブXmk2
16 3100 タイガーテイルXT3&ラトルスネークSE5&Bラビット99
17 3225 タイガーテイルXT3&イカロスX2&Bラビット99
18 3375 タイガーテイルXT3&シンデンR&ツインタワーBY2

補助パーツ

LP,BP,各耐性を上昇させる事ができ、必須パーツでは無いので1個もつけなくても良い。
LPはアンリミテッドによるLP3倍の恩恵を受ける為最大1800ものLP増加をすることが出来る。
BPはバッテリーにも書いたが使った分バッテリーサイズを上げたほうが良い。
耐性に関してはダメージ検証が完了していないので難しい。

以下にカスタマイズ例を挙げる。
勿論個人の自由であり、LBXの構成や対戦ルールでも大きく変わってくるだろう。