人形原黒絵(にんぎょうはらくろえ)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】
人名

【初出】
(下の名前のみ登場)

【登場巻数】
(下の名前のみ登場)、ⅩⅠⅩⅡ

【解説】
夜知家の同居人の一人で、禍具でもある。
名前からうかがえるように、元の姿は和人形(髪が伸びる日本人形)。
名前は絵みたいに綺麗というイメージでつけたらしい。
サヴェレンティとは、元が人形同士だからか何か通じ合うものがあるらしく、親友である。
フィアと淑乳同盟を結成した。
幼い外見をしているが、童顔の二十歳と言う設定。
ぼんやり眼で常に無表情、掴み所の無い性格で、エキセントリックな言動が目立つ。
その為か、周囲の人達を唖然とさせる事もしばしば。
また人を呼ぶときに独特のあだ名で呼ぶ(春亮は「ハル」、このはは「このさん」、フィアは「ふぃっちー」など)。
だがその一方で、するべき戦いは拒まない好戦的な一面も持つ。

自称「髪のスペシャリスト」。
教師のヅラ疑惑を一目で「植えてる」と言い当てた。

「精気を奪い、自分の髪を伸ばす」という呪いを持っていたが、すでにその呪いは解けている。
そのため夜知家に滞在する必要がなく、月の半分程は自身の経営する美容室《壇ノ浦》で生活している。
旅に出る事もしばしば。
商店街ではアイドル的存在、と言うか姫。
髪の毛を自由に動かせ、攻撃・防御・支援など戦闘にも役立つ。
「技の名前を言ったほうが技の威力が上がる」という信念から、髪を使った技には全て名前が付いており、新技もちゃんと名前をつけて使う。
技の名前には「将門」「宗盛」など、平氏の武将の名前が入る。
「必殺技は技の名前を叫ぶことで威力が増すという掟」がある、というポリシーを持つ。
また人間の髪の毛を吸収して人の精気を吸い取り、その精気で人の自然治癒力を高めることもできる。
かつては精気を吸いつくして所有者を死に至らしめていたが、呪いが解けた今ではそのようなことはない。

ちなみに筆者いわく、「黒絵」の発音は頭にアクセントをつける(ガイルやザンギと同じ)。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|