舞踏用戦斧(ダンスタイム)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】
禍具

【初出】

【登場巻数】

【解説】
忌能 視界の敵を自動的に追尾・攻撃する。
直接触れていないと効果が発揮されない
呪い 攻撃モードに入る事で、所有者が死んだとしても敵が死ぬまで攻撃を続ける
呪われた経緯 不明

呪われた斧。
両刃の斧で、斧刃は禍々しく反り返り肉厚、先端には鋭く尖った刺先(スパイク)がある。
忌能を発揮するためには、生贄として誰かを殺して血を与える必要がある。
自動的に攻撃は行われるが、視界に入っていなければ効果は発揮されない。

元々は蒐集戦線騎士領の騎士、リーエルリンクが所持していた。
リーエルリンクが死んだため、『箱形の恐禍を破壊する』という任務についたピーヴィー・バロヲイに支給された。
当初は使うことを拒んでいたピーヴィー・バロヲイだったが、フィアに左腕を切断されやむをえず使用することを決断した。
ピーヴィー忌能を使うための生贄としてアマンダを切り裂いた。
二度目の襲撃ではその忌能によって春亮らを苦戦させるが、最後は顕殺交叉によって破壊される。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|