蒐集戦線騎士領(しゅうしゅうせんせんきしりょう)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

読み方 しゅうしゅうせんぜんきしりょう


【解説】
呪われた道具禍具を取り巻く組織の一つ。
領主と呼ばれる人物が組織の長で、恐らくその領主による指令で動くとされる。
禍具の存在自体を赦さず、すべての禍具の破壊を目的とする。
しかし、その達成のために禍具を使う者も多い。
夜知崩夏とはスタンスの違いから対立している。

任務の際は、実際に戦闘を行う騎士と、陰で支援をする後方支援(オーグジラリ)で行動する。

普段とは違う、特殊な任務を与えられた騎士が、統率の取れた一軍として行動する必要がある場合に、
主の命で一時的に任務遂行のためだけに《団》が結団される場合がある。
慣例的に、それらは作られた順番を意味するだけの番号と、統率を任じられた団長の名前と、
その補佐をする副団長の名で呼び表される。

ピーヴィー・バロヲイによれば人材不足らしい。


箱形の恐禍が眠っている場所が発覚し、すぐに調査に赴いたが夜知崩夏に先を越された。
しかし、搬送された先を突き止め、ピーヴィー・バロヲイアマンダ・カーロットフィアのもとに送り込んだ。

  • 関連項目
蒐集戦線騎士領 ←所属している人物はこちらを参照


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|